高速ネットワークカメラシステム

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福岡県】ペットショップで総額170万円の窃盗被害

2019.08.23 金曜日

【ペットショップで希少なインコ5羽窃盗】

 

福岡県朝倉市のペットショップで大型のインコ5羽が盗まれ、警察が窃盗事件として捜査しています。

 

中には絶滅危惧種に指定されている鳥も含まれ、被害総額は170万円にのぼるということです。

 

盗まれたのは絶滅危惧種に指定されている「ヨウム」を含むあわせて5羽のインコで、被害総額は170万円にのぼるということです。

 

 店では約30種類計約200羽のインコやオウムを飼育、販売しており、店長が2019年8月19日 午前7時半ごろ、約50羽を飼っている小屋を餌やりに訪れたところ、大型インコのヨウム(体長約30センチ)やムジボウシ(同約40センチ)など5羽が金属製の鳥かごごといなくなっており、施錠したドアを無理やり開けた跡もあったとのことです。

 

5羽のうちヨウムとムジボウシの価格は約40万円、残り3羽もそれぞれ約30万円で取引されるという。

 

同日被害届を提出した店長は「20年ほどかけて集め、自然繁殖にこだわって大切に育てていた。(盗んだ人は)せめて餌をしっかりあげて」と愛鳥の行方を心配している。

 

ペットショップのドアは無理やりこじあけられた跡があり、窓の網戸も破られていたということで、警察は窃盗事件とみて捜査しています。

 

 

【相次ぐペットショップでの盗難被害】

 

上記の事件のような、ペットショップでの動物盗難事件は近年増加の傾向があり、防犯対策の必要性が高まっています。

 

ペットショップで販売される動物は数万円~数十万円の値がついており、転売する事で多くの利益を得られることから窃盗が発生しているものと思われます。

 

泥棒が店内に侵入するのは容易で、入り口をバールでこじ開けて店内に入り込み、動物を盗み去ります。

 

マンション防犯カメラ

 

入り口付近に防犯カメラを設置する事で犯行を抑止し、万が一の被害発生の際には、鮮明な映像証拠を提出することで、警察の追跡や逮捕確率を大幅に上げることができます。

 

ペットショップの場合、被害の発生を防ぐことはもちろん非常に重要ですが、逮捕スピードもまた重要になります。

 

盗まれた動物を犯人が適切に飼育できるとも限らず、早急に取り戻すことも考慮しなければいけません。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ