設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集
防犯情報

犯罪対策に偽物が活躍

2017.12.01 金曜日

【高知県高知市での強盗事件】

 

2017年11月24日午後、高知市の信用金庫で、黒色のヘルメットをかぶった男が窓口の近くにいた女性客に包丁のような刃物を突きつけて「金を出せ。早くしないと殺すぞ」と脅しました。

 

職員が1000万円分の厚みがある現金の束を渡すと、男はそれを奪ってミニバイクで逃げました。

 

信用金庫によりますと、職員が男に渡した現金の束は、表と裏の2枚だけが1万円札で、残りの998枚は職員が札束を数える練習をするのに使う1万円札と同じ大きさの紙で、被害額は2万円でした。

 

警察が強盗事件として捜査を進めた結果、55歳の男の身柄を高知市内で確保し、午後7時すぎ、強盗の疑いで緊急逮捕しました。

 

 

【様々な偽物が活躍】

 

近年、犯罪対策に様々な「偽物=ダミー」が活躍しています。

 

上記の事件では、本物のお札の代わりに、偽物のお札を渡すことで、大きな被害を回避することができています。

 

また、兵庫県尼崎市では、自転車泥棒対策に、アラームを装備した囮の自転車を置くことで、自転車泥棒にプレッシャーをかけようとしています。

 

以前から強盗に狙われ続けていた牛丼店では、従業員の首から「非常通報」とかかれた押釦が下げられており、即座に通報できるぞ!という姿勢を見せることで強盗犯にプレッシャーを与えています。

 

牛丼店の非常通報ボタンは恐らく本物でしょうが、もしこれが形だけのダミーだとしても、強盗を企てるものには相当なプレッシャーを与えることができ、大きな犯罪抑止効果を産みます。

 

資材倉庫

 

防犯対策を考える際に、「様々なダミーで抑止」というのは非常に有効な手段かもしれません。

 

何か被害が心配され、防犯対策の必要性が感じられた際に、コストの問題からその導入を先送りにする、ということはよくあることです。

 

そういった際に、コストを抑えてまずは「偽物」で対策をしておくことは非常に有効です。

 

もちろん、防犯カメラにしても、非常押ボタンにしても、ダミーよりも本物の方が効果が高いことは明らかですので、想定される損害額を検討したうえで、できれば本物の防犯対策をした方が望ましいことは言うまでもありません。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ