設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

泥棒の心理

2018.09.10 月曜日

【捕まりたくない一心で警察をバールで殴った泥棒】

 

2018年8月30日、石川県警津幡署、県警捜査1課の巡査長(30)をバールで殴り頬骨を折るけがを負わせたとして、傷害の疑いで金沢市無職男(53)を現行犯逮捕した。

 

同署によると、同日午前1時ごろ、同県津幡町の周辺住民から「不審者がいる」との通報を受け、巡査長は署員ら数人と捜索。発見し声を掛けたが逃げ、追い付いた際にバールで殴られた。

 

容疑者は車上荒らしをする目的でバールを持っていたといい「捕まりたくなかった」と供述、容疑を認めている。

 

逮捕容疑は同日午前2時ごろ、津幡町で巡査長の顔をバールで殴って全治1カ月のけがを負わせたとしている。

 

 

【泥棒の行動パターン】

 

泥棒は基本的に人目を避けて犯罪を犯す傾向があります。

 

それは目撃情報が増えれば増えるほど、警察に検挙される可能性が高まっていき、泥棒稼業の存続にかかわる問題の為、誰にも犯行現場は見られたくないという事情があります。

 

そして、大半の泥棒は、漫画のルパン三世のように高潔な信念を持っているわけではなく、伝説のねずみ小僧の様に弱きを助け強きをくじく心意気を持ち合わせているわけでもなく、基本的に「働いて生活する」という考えが欠落し、数千円から数万円の現金を盗みで得ることで、その日暮らしを成り立たせているだけの、「人に迷惑をかけることで何とか生きている人たち」であると言えます。

 

特に車上荒らし犯については、車の中にカバンなどがあれば窓ガラスを割って盗んでいく、という稚拙な手口で行われており、それまで泥棒をしたことがなかった人が手を染めていく事が多く、その為、目撃された場合に何をしでかすかわかりません。

 

上記の事件でも、目撃され、捕まりたくない一心で、バールで警察の顔を殴っています。

 

殴られた巡査は、頬骨が折れたという事から、結構な力で殴られた可能性があり、ここに車上荒らし犯の怖さがあります。

 

普通に考えるとバールで人の顔を殴る、というのは場合によっては人の命を奪う可能性がある、ということ想像してしまいますが、犯行を目撃され、逮捕されそうになると、そういった考えは基本的に吹き飛んでしまうようです。(もともとそういった想像が働かない泥棒ももちろんいます)

 

寺院監視カメラ

 

同様の事態は車上荒らしだけでなく、空き巣や車の窃盗、店舗での強盗などでも当てはまることで、泥棒は何をしでかすかわかりません。

 

その為、人の力で泥棒を逮捕する、といった事は考えない方が安全です。

 

泥棒の侵入や犯行に気付いた際に、泥棒の目の前に出ずとも対処できるようにすることが重要です。

 

侵入警報装置は、泥棒の侵入を検知するだけでなく、サイレンや回転灯で自動的に威嚇撃退してくれるので、非常に安全です。

 

「泥棒が来たら捕まえてやる」とは絶対に考えないようにしてください。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ