設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【新潟県】組織的な万引き行為

2018.09.18 火曜日

【少年万引き団による犯行、約130万円の被害】

 

2018年9月14日、新潟県警新潟東署と新潟署などの合同捜査班が、ドラッグストアで高額な化粧品やサプリメントばかりを狙った少年万引団5人を摘発した。

 

リーダー格の少年が盗む商品を指定し、仲間から買い取って転売していた。仲間が犯行で使ったタクシー代なども支払っていた。

 

窃盗の疑いで逮捕、送検されたのは、新潟市内などの16~18歳の少年3人。残る2人は書類送検した。

 

被害に遭ったのは新潟、長岡、三条市などの計22店舗、被害品は約300点(約130万円相当)に上った。

 

 

新潟東署によると、リーダー格の少年は専門学校に通う18歳で当初は1人で万引をしていたとみられるが、仲間を募って万引団を結成。

 

犯行の収益を分けるのではなく、リーダーが商品ごとに報酬を渡していた。

 

毎回3人ほどで盗み、運転できる少年がいない場合に電車やタクシーを利用していたという。

 

リーダーの稼ぎは、仲間から安く買い取った盗品の転売だ。インターネットを使い、売る相手も個人から業者に販路を拡大させていった。

 

新潟東署は「リーダーは5人の中でも儲けていたはず。仲間はいくらで転売されているかも知らなかっただろう」と話した。

 

 

【万引きの手口】

 

昨今、フリーマーケットアプリなどで、ネットでの転売が簡単になったことから、万引きをしてはその物品をネットで転売し現金を獲得しようとする事例が増えています。

 

今回の事件では、それがかなり組織化されている事もあることを示しています。

 

犯人グループはリーダー以外が盗みを働き、リーダーに盗品を買い取ってもらうことで利益を得、リーダーは盗品をネットで転売する事で利益を得ていました。

 

恐らくこういった事件は今後増えていくものと思われます。

 

防犯カメラ

 

万引きは今回被害に遭ったドラッグストアだけでなく、もっと大きな物品も盗まれることがあり、油断ができません。

 

衣料品店で、ハンガーに掛かっているスラックスがごっそり盗まれたり、本屋で大量に本が盗まれたり、といった事が起きています。

 

恐らく防犯カメラが設置してあっても、うまく死角を作ったりしながら犯行に及んでいたものと思われますが、犯行後の対処の為にも、出来るだけ人相ははっきり映しておきたいものです。

 

現在の防犯カメラは200万画素フルハイビジョン画質(地デジと同等)となっており、かなり鮮明な撮影が可能です。

 

出入口などの必ず通る経路に防犯カメラを設置し、人相を正面から映せるようにすることが重要です。

 

人相をしっかりと撮影する事で、全店員で要注意人物をマークできるようになり、再犯の防止や逮捕につなげることができます。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ