設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【東京都】服装からコンビニ強盗を特定

2018.12.19 水曜日

【ジャージの柄でコンビニ強盗を逮捕】

 

2017年12月16日、東京都千代田区で起きた、コンビニ強盗未遂事件の容疑者が逮捕された。

 

無職男(38)は、2018年12月11日、コンビニに押し入り、現金を奪おうとした疑いが持たれている。

 

当時容疑者は特徴的な柄のジャージーを着ていて、16日、捜査員がたまたまJR東京駅近くでそのジャージーを着ていた松田容疑者を見かけ、逮捕に至った。

 

 

【犯人の特徴の捉え方】

 

上記の事件では、「コンビニ強盗のジャージの柄を手掛かりに、容疑者を逮捕した」という事しか報道されていませんが、逮捕した捜査員がコンビニ強盗の現場を目撃していたわけではなく、防犯カメラ映像で犯人の来ていた特徴的なジャージの柄を覚えており、その柄と同じものを着ていた男を見つけ、逮捕した、という事だと推測されます。

 

恐らくこの捜査員は「見当たり捜査員」で、防犯カメラ映像をもとに、その特徴と合致する人物を群衆から見つけ出すことに秀でた警察官だったものと思われます。

 

防犯カメラの証拠映像を見当たり捜査員が活用する事で、些細な特徴でも犯人逮捕につながることが多々あります。

 

また、犯人の捜査には、持ち物や服装の特徴だけでもかなり有効になることも多々あります。

 

 

2012年に渋谷駅で発生した刺傷事件では、防犯カメラ映像に映る犯人のリュックサックの色を目印に追跡をし、後日犯人の自宅最寄り駅で、事件当時と同じリュックサックを背負っていた犯人が逮捕されています。

 

犯行当時に身につけていたものなど、そのまま使用する間抜けな犯罪者などいるのか?と思ってしまいますが、意外なほどそういった犯罪者は多いものです。

 

監視カメラ

 

また、防犯カメラの高画質化が進んだことで、より詳細な証拠映像を確保できるようになり、服の色、持ち物の特徴、靴、人相など様々な情報を捜査員は入手できるようになってきています。

 

現在の主流の防犯カメラは200万画素フルハイビジョンとなっており、古いタイプの40万画素カメラとは比較にならないほど鮮明な映像になっています。

 

もし現在古いタイプのアナログ防犯カメラを使用している場合、機器の耐用年数も限界に近付いている事も多い為、200万画素フルハイビジョンカメラに交換する事をお勧めします。

 

 

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ