設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

監視カメラとIoTと5G

2019.08.21 水曜日

【監視カメラシステムの5G通信】

 

携帯電話通信システムの5G化が昨今話題になっており、その高速性とIoTの関連が取りざたされることも多くなってきています。

 

そうすると必然的に、監視カメラシステムの通信も5G化しなければいけないのか?と考える方もいらっしゃることと思います。

 

その検討には、監視カメラの通信の種類や必要回線速度や、4G(LTE)と5Gの通信速度の違いを考慮する必要があります。

 

 

【監視カメラシステムのIoT化】

 

監視カメラシステムは従来、有線接続したテレビモニターでその映像を確認する、といった使い方がされており、近年では監視カメラシステムをインターネットに接続する事で、離れた場所から映像を確認できるようになっています。

 

インターネット接続については、NTTの光回線に有線接続する事がほとんどで、携帯電話通信網に機器が直接接続されることはほぼ無い為、携帯電話通信網の速度が問題になることはほぼありませんでした。

 

2019年は、監視カメラシステムを無線で携帯電話通信網に接続するシステムが登場しましたが、監視カメラシステムのネットワーク性能がある水準以上のものであれば、そもそも遠隔監視にそれほど多くの帯域を使用しないうえに、4G(LTE)の2~3Mbpsといった速度でまず問題なく滑らかに高画質通信できたため、4G以上の回線速度を特に望む必要もない、といった状況にあります。

 

上記の「映像をネット上に流す」ということが、監視カメラシステムの性能の中では一番データ量が多い通信となり、その他のIoTと言われる、「万引きのトリガーを発信する」「解析データを発信する」といった事には「映像をネット上に流す」ということより通信量は格段に小さくなるため、やはり4G以上の回線速度が必要ない状況です。

 

結婚式場防犯カメラ

 

【5Gは監視カメラシステムに必要か?】

 

では5Gは監視カメラシステムに必要ないのか、というと、基本的には必要がなく、5Gか4Gかを検討する必要も特にはありません。

 

しかしながら、多数のカメラ映像を1つの回線に一度に流す場合、例えばオフィスや店舗に16台のカメラを設置し、それを1つのモバイルルーターに接続する、といった使用方法の場合は、4Gでは高画質かつ滑らかな映像は実現できません。

 

その場合は、5Gの出番があり得るかもしれませんが、コストや安定性から言うと、NTTの固定回線を新規で引いてしまったほうが賢明です。おそらく5Gで大きな帯域を確保する方がNTT光回線よりも高くなることが予測されます。

 

将来的に5Gが普及し、そのコスト感が下がって来れば、監視カメラシステムの通信方法として妥当になってくるものと思われますが、現状ではそもそも必要とされるケースがほぼ無い、といえます。

 

監視カメラの高画質通信には、NTTの光回線や、4G携帯電話通信網が現状は適していると言えます。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ