設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

インスタグラムを駆使する空き巣犯

2019.01.25 金曜日

【インスタやツイッターでターゲットを絞る犯罪者】

 

昨今の空き巣犯は、その犯行にインターネットを活用することが多くなっているようです。

 

以前であれば、なるべく人目につかないように、営業マンを装ってスーツ姿で歩き回りながら、空き巣に入る家を下見したり、ポストや窓のカーテンを見ることで、生活のリズムや住んでいる人の性別・年齢を探る空き巣犯が多かったのですが、近年では下見はGOOGLEアース、情報収集はTwitterで、という事が増えてきています。

 

最近捕まった元泥棒は、従来のGOOGLEアース・Twitterに加え、インスタグラムも併せて活用していたようです。

 

インスタグラムにはハッシュタグという機能があり、例えばヴィトンのバッグの写真を掲載するときに、掲載者は「♯ヴィトン」というハッシュタグを記載します。そうする事でヴィトンに興味がある人や検索をする人がこの写真に行き着く確率が飛躍的に上がる為です。

 

泥棒はそのハッシュタグ機能を活用し、高級ブランドの名前で検索する事で、高級品を多数持っている人を特定し、その他の写真やTwitterなどから住所の絞り込みを行います。

 

電車遅延の書き込みや、ゲリラ豪雨などの天候に関する書き込み、投稿された写真の背景などから住所や行動パターンを絞り込んで、空き巣に取り掛かるようです。

 

 

【SNSでの空き巣対策】

 

このような犯罪手口には、防犯カメラを設置するだけでは効果は薄いと言わざるを得ません。

 

防犯機器はあくまでも防犯意識がある前提でこそ効果を発揮します。

 

インスタグラムやツイッターなどは非常に便利で、その性質は「秘密にする」という方向ではなく「公開する」という性質が非常に強いものです。

 

特にインスタグラムは不特定多数に見られないと意味がない、といっても過言ではありません。

 

その為、高級品の投稿を控える事や、閲覧制限をかける事はインスタグラムでは難しいですし、空き巣に狙われるからインスタグラムをやめる、という事も非常にナンセンスです。

 

a25

 

重要なことは「気を付ける」ということで、たったそれだけで大きな防犯効果が生まれます。

 

この写真で住んでいるエリアが特定されないか、それだけを気にするだけで犯人による住所特定は非常に困難になります。

 

特に自宅での投稿の際に位置情報付で投稿することが自宅バレの一番の原因のようです。

 

過去の投稿を見直し、自宅付近で位置情報がついているものがないかチェックし、あれば位置情報を削除するなどが必要です。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ