設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【埼玉県・久喜市】資材置き場での盗難、防犯カメラ設置で検挙

2018.07.17 火曜日

【資材置き場で繰り返し窃盗】

 

2018年7月10日、埼玉県警察幸手署は窃盗の疑いで茨城県猿島郡無職男(77)を逮捕した。

 

逮捕容疑は、2018年6月17日午後5時5分ごろ、埼玉県久喜市内の建築会社の資材置き場で、型枠を固定するための機材約16本(計3万2000円相当)を盗んだ疑い。

 

同署によると、機材を相次いで盗まれていた建築会社が防犯カメラを資材置き場に設置したところ、男の姿が映っており、男が特定された。

 

男は容疑を認め、盗んだ機材を換金していたという。

 

「ギャンブルで使う金が欲しかった」と供述し、3、4回盗んだとほのめかしているという。

 

 

【窃盗の理由】

 

上記の事件では、特定の建設会社の資材置き場から繰り返し機材を盗んでおり、供述している動機や被害額からも犯人は「数千円~数万円分盗めればよい」と考えていたふしがあり、防犯カメラがあっても侵入をやめなかったことから、万が一捕まってしまったら、その時はその時だ、くらいに考えていたのかもしれません。

 

また、犯人は盗みをしない限りはギャンブルにお金を回すことができない経済状況で、逮捕されるまで出来るだけ多くのギャンブルができればそれでよい、と考えていた可能性もあります。

 

防犯カメラには「犯行の抑止」「証拠の確保」の役割があり、本来は防犯カメラがあることで犯行そのものを未然に食い止めることが重要なのですが、逮捕されても構わないと考えている犯罪者の犯行は止めることができません。

 

CIMG2457

 

資材置き場の資材盗難ではこのような「ある程度逮捕も覚悟している」というケースがあります。

 

このような犯行の抑止ができない犯行については、「検挙により再犯を防止」という方法が次善策となります。

 

防犯カメラで証拠を確保する事で、警察の検挙の確率を高めることができます。

 

その際、撮影上重要なポイントは①出入口②全体の2点の映像を確保することになります。

 

出入口の防犯カメラは犯人の特徴や人相を鮮明に撮影する役割があり、敷地全体を映す防犯カメラは、その侵入した不審者が敷地内で犯行に及んだかどうかを抑えることができます。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ