防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

倉庫を守る|防犯カメラの日本防犯設備

2013.05.31 金曜日

倉庫

 

?倉庫

 

『防犯カメラで倉庫を守る』

 

倉庫で多い被害は、車両の盗難・いたずら、倉庫内の物品の盗難破損、放火、事務所荒らしなどです。

 

倉庫は従業員以外にも、アルバイト、業者などの不特定多数の人が出入りをします。

 

なので、どこに誰がいようが不思議な環境ではないのです。

 

特に注意が必要なのが、倉庫内にある預かりの商品です。

 

これらの商品に何かがあれば、信用問題へと繋がります。

 

そこで効果的なのが、防犯カメラです。

 

 

『倉庫での防犯カメラの効果』

 

24時間録画が可能なので、常に監視をする必要が無くなります。荷物の積み下ろしの様子を映像で記録できるため、多数の運送業者が出入りする物流倉庫で荷物の紛失があった際に追跡に防犯カメラ映像を使用することもあります。

 

防犯カメラを設置をすることで、侵入窃盗の抑止効果にもなりますし、犯行の現場を抑えることができるので、被害の拡大化も防げます。

 

防犯カメラを使った防犯対策はもちろんのこと、防犯カメラの映像を遠隔監視して、マネージメントに活用する事も可能です。

 

現在ではパソコン、スマートフォンなどから倉庫の映像を見ることが来ますので、いつでもどこからでも倉庫の状況を知ることができるようになります。。

 

倉庫内で効果が高い防犯カメラ

 

・高感度防犯カメラ(倉庫に照明が少しでもあれば撮影が可能です)

・赤外線防犯カメラ(倉庫が夜間に照明を消していても撮影が可能です)

・可動式防犯カメラ(倉庫全体を防犯カメラで管理が出来ます)

カラー防犯カメラ(日中などメインで使える防犯カメラです)

・メガピクセル防犯カメラ(倉庫の管理として使用できる高画質な監視カメラです)

 

このように、倉庫に合う防犯カメラは多数あります。

 

倉庫の場合、天井が非常に高い場合が多く、天井に防犯カメラを設置すると対象までが遠く、映りが小さくなってしまうという事があります。

 

そのような場合は長尺の金具を使い、天井から数メートルカメラを吊り下げたり、可変レンズ搭載のカメラで倍率を上げて撮影することで、映りの小ささを防ぐことができます。

 

塵や埃が多い倉庫の場合は、埃が精密機器の内部に入り込んでしまうと、内部ショートの原因になりますので、防塵性能を持った防犯カメラを選択します。

 

 

日本防犯設備では、プロの資格を持った防犯設備士が、無料で防犯診断を致します。

 

 

倉庫

 

倉庫

 

 

倉庫・工場の導入事例はコチラ

倉庫・工場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】