設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【全国】病院や学校狙いの連続窃盗

2016.10.06 木曜日

 

【学校や病院狙いの連続窃盗事件】

 

埼玉県さいたま市内の学校で約400万円を盗んだとして、東京都世田谷区無職男(44)を窃盗や建造物侵入の罪で起訴したことが2016年10月5日発表された。

 

男は全国の学校や病院の事務所などを狙って窃盗を繰り返していたとみられ、都内の高級マンションに住み、キャバクラで一晩で1000万円以上を使うなど豪遊していた。

 

警視庁は被害総額が全国で約1億円以上に上るとみて、裏付け捜査を進めている。

 

捜査関係者によると、男は今年5月ごろ、さいたま市内の学校に侵入し、現金約400万円を盗んだとして、今年9月に逮捕され、10月4日に起訴された。取り調べに対し、黙秘しているという。

 

これまでに北海道や九州の病院の事務所や学校から現金が盗まれる被害が確認されており、現場の遺留物などから、警視庁は男が関与した可能性があるとみて調べている。3000万円の被害があった事務所もあったという。

 

 

【犯人の狙い】

 

今回の事件では、全国の病院や学校を狙い、被害総額が1億円以上にのぼるとされていることからも、相当な件数の窃盗を繰り返していたことが分かります。

 

また、1件当たりの被害額も大きく、埼玉県の学校では400万円、なかには3,000万円の被害があった事務所もあったことから、一回にかける犯行時間は通常の事務所荒らしよりも長かったことが予測されます。

 

ここまで被害が膨らむまで犯人が逮捕されなかったことを考えると、被害現場には防犯カメラなどの設備がなかった、もしくは適切に配置されていなかったと思われます。

 

犯人は防犯対策が手薄な物件ばかりを狙い、侵入後は金庫をこじ開けるなど多少時間をかけてでも多額の現金を盗もうとしていたように思われます。

 

今回の事件以外にも、病院狙いの泥棒や、学校狙いの泥棒は全国に数多く存在しており、特にここ2~3年は被害が増加傾向にあります。

 

しっかりと窃盗対策をして、泥棒に狙われない環境を整備する必要があります。

 

 

屋外監視カメラ

 

 

【学校・病院での防犯対策】

 

学校や病院は敷地が広く、また建物も大きいことが多く、夜間はほぼ無人で、なおかつ出入り口が複数あるなど、防犯上隙が出やすい構造になりがちです。

 

また、泥棒達にしてみれば、お金が置いてある確率が高い物件と見なされているため、そこに大金を置いておくことは非常にリスキーです。

 

病院狙いや学校狙いの泥棒も、他の窃盗犯と同じく「犯行を誰かに目撃されること」を最も恐れます。

 

そのため防犯カメラの設置は人の目に代わり防犯対象場所を24時間監視・撮影し続けるため、泥棒にしてみれば防犯カメラが設置してある物件を狙い続けることは、犯行を繰り返すたびに証拠映像が増えていくことになり、逮捕の確率が上がり続けるため、防犯カメラのある物件を避ける傾向があります。

 

敷地出入口や建物出入口、防犯対象物がある場所などを防犯カメラで撮影することで、侵入しようとする犯人に確実に防犯カメラの設置をアピールでき犯行を抑止できるだけでなく、犯人の犯行映像を確保することができます。

 

 

 

教育施設の導入事例はコチラ

教育施設の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ