設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

年末にひったくりや空き巣被害が増える理由

2018.12.25 火曜日

【年末に犯罪が増える理由】

 

年末年始は、ひったくりやスリ、空き巣、車上荒らし等の犯罪が急増します。

 

これは今に始まったことではなく、昔から毎年毎年この時期になると犯罪が急増していました。

 

ではなぜこの時期になると犯罪が増えるか、というと、単純に多くのお金が動いていて、それが盗みやすい状況にある、ということが泥棒の食指を動かしているようです。

 

特に「盗みやすい」という所が大きく、逆に言うと泥棒にとって盗みにくい状況にすることで、犯罪被害に遭う確率は大きく低下します。

 

年末年始に泥棒被害に遭う、というのは金銭的なダメージだけでなく、精神的なダメージも大きなものです。

 

被害に遭うことなく、良い年末を過ごし、いい年の始まり方をしたいものです。

 

 

【盗みやすい状況】

 

何故年末年始が泥棒に狙われやすいかというと、通常より多くの現金を持ち歩く人が増え、なおかつ警戒心が薄くなる時間帯や場所が増えてしまうからです。

 

例えば、週末の繁華街では、忘年会で前後不覚になるまで酔い、財布を懐に入れたまま道端に座り込んでしまう人や、終電や始発電車で眠り込んでしまう人が増えます。

 

また、年末年始のセールには多額の現金を持った人の混雑が出現し、そこをスリに狙われます。

 

年の瀬のカウントダウンや新年は寺社仏閣に人が押し寄せ、混雑が出現し、そこを狙うスリが現れるだけでなく、車の中にカバンを置いて出る人が多いことから駐車場での車上荒らしも頻発します。

 

 

単身者が実家に帰る為、長期間無人になるアパートが増え、年始のあいさつ回りで家を空ける家庭が増えます。

 

マンション防犯カメラ

 

多くの現金を持ち歩くことも、混雑する場所に行くことも、酔ってしまう事も、年末年始の性質上、どうしてもそうなるもので、そこを泥棒は狙っています。

 

その為、ちょっとした心構えをしておくことが重要です。

 

混雑するところへ行く際は、カバンの中に財布をいれ、そのかばんをしっかり抱えて混雑の中に入る事や、車の中にカバンを置きっぱなしにしない(どうしても置いて行かなければいけないものは、トランクの中に入れる)、家を空ける際は雨戸までしっかり戸締りをする、などを心がけるだけで、被害に遭う確率は激減します。

 

泥棒は、年末年始、人々が大金を持ったまま油断する瞬間を虎視眈々と狙っています。

 

その為、ある程度警戒をしている人をわざわざ狙いません。

 

年末年始の風物詩と言える場所には、必ず泥棒が紛れ込んでいる、と考え警戒することが重要です。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ