設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【神奈川県】飲食店で元従業員が合鍵使って窃盗

2019.08.09 金曜日

【元従業員による現金窃盗】

 

閉店中の飲食店に侵入して現金を盗んだとして、神奈川県警平塚署は2019年8月8日、窃盗の疑いで岐阜県各務原市男(33)を逮捕した。容疑を認めている。

 

逮捕容疑は2019年5月9日午前0時ごろから同9時50分ごろまでの間に、神奈川県平塚市飲食店に侵入し、券売機に入っていた売上金など現金14万500円を盗んだとしている。

 

同署によると、当時、同店は営業時間外で、男は窓を割って店内に侵入。券売機は店に保管されていた合鍵を使用して開けたとみられ、壊されるなどの被害はなかった。

 

男は2019年3月から4月まで同店でアルバイトをしており、同店関係者への聞き取りから名前が浮上。周辺の防犯カメラを調べたところ、容疑者に似た男が確認された。

 

 

【元従業員による犯行への対策】

 

上記の事件では、元従業員が合鍵を使って店舗から現金を盗んでいます。

 

容疑者は、同年に1ヶ月程度のみアルバイトとして同店舗に勤務していたようで、その勤務中に、店舗が無人になる時間や、券売機にどの位の現金が入っているか、券売機の鍵はどこにあるのかを把握していたことが予測されます。

 

侵入については、窓ガラスを割って入ったとのことなので、もし券売機の鍵がなかったとしても、券売機の扉をこじ開けて現金を盗むことも可能だったと思われます。

 

元従業員による犯行例というのはかなり多く、内部事情を知っているからこそ、成功を確信し犯行に及んでいるようです。

 

無人の時間や鍵を把握されている場合、その犯行防止は非常に困難です。

 

a31

 

侵入警報設備を設置し、店舗内に侵入した瞬間に、警報ベルやサイレンで威嚇し通報、というシステムであれば、犯人が犯行を継続することができなくなり非常に効果的です。

 

また、防犯カメラを現金保管場所付近に設置する事で、犯行に及べば必ず証拠が残る、という心理的プレッシャーを与えることも重要です。

 

しかし、どちらの場合でも、セキュリティの解除の方法や、録画の止め方を把握されてしまうと、せっかくの防犯対策が無効化されてしまいます。

 

セキュリティのキーはカードやタグ式のものにして、退職した従業員のものは登録抹消すれば、その従業員はセキュリティの無効化もできなくなります。

 

防犯カメラシステムのパスワードは、従業員には教えない、もしくは退職者が出た場合はパスワードを変更することで、その従業員は防犯カメラシステムの無効化ができなくなります。

 

退職者に対する十分な警戒が重要です。

 

 

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ