設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福井県】ドラッグストアでの化粧品万引き2228点

2018.10.04 木曜日

【福井県のドラッグストアで大量万引き事件】

 

2018年10月3日、福井、敦賀、福井南、越前、小浜5署と福井県警機動捜査隊、捜査1課の合同捜査班は、福井県など4県で、ベトナム人女が万引きを繰り返した事件で、化粧品など計2228点(総額約648万7千円)を盗んでいたことが確認されたと発表した。犯行は38件に上る。

 

犯人は福井、敦賀、越前市、南越前町で万引したとして窃盗罪で公判中のベトナム国籍、住所不定、無職の女(29)。

 

捜査1課によると、被害は今年3月ごろから6月11日までの間、福井(6市町で1263点、計362万5千円)、岐阜、愛知、三重4県のドラッグストアであった。

 

女は大きなショルダーバッグを提げ、多いときは一度に約150点を入れて盗んでいた。

 

県警は窃盗容疑で3度逮捕し、10月3日までに35件を書類送検。共犯者がいるとみて捜査を続けている。女は容疑を全て認めている。

 

これまでの福井地裁での公判で検察側は、フェイスブックで販売先を探し、知人の男2人と共謀して陳列されていた商品を盗み、段ボール箱に入れてコンビニから宅配便で発送したと指摘した。

 

 

【相次ぐドラッグストアでの万引き被害】

 

上記の事件の様に、ドラッグストアでの化粧品万引き被害が全国で相次いでいます。

 

万引き犯の狙いは、大量にしかも繰り返し化粧品を盗み、それを原資にインターネット上で販売し利益を得るというもので、特に需要の多い国産の化粧品を盗んでいたものと思われます。

 

上記の事件の犯人は、2018年5月15日、敦賀市内のドラッグストアで化粧品など29点(販売価格合計8万9121円)を盗み、2018年6月10日には福井市内のドラッグストアで化粧品102点を盗んでおり、1回当たりの被害額も商品数も非常に多い事が分かります。

 

大きなショルダーバッグに商品を大量に盗んでいただけでなく、店員に見つかった場合はショルダーバッグを放棄して逃走していたとのことなので、もともと店員に見つかることは想定内で、その際はショルダーバッグを放棄する事で、店員が商品を盗まれなかった、被害を食い止めたと判断し、追ってこないことを見込んでいたものと思われます。

 

恐らくショルダーバッグには身元が分かるものは居れていなかったのでしょう。

 

また、犯人は今年だけで3回逮捕されており、逮捕される可能性があることも想定内で、なおかつ逮捕されても犯行をやめるつもりはない可能性もあります。

 

病院監視カメラ

 

上記のような考えや手口で犯行を繰り返す事例は今後も相次ぐことが予測されます。

 

このような犯罪はドラッグストアだけでなく、化粧品をある程度置いている店舗では起こり得る事です。

 

化粧品の配置を変えたり、怪しげな動きがあった場合は防犯カメラ映像を店員間で共有し、警戒態勢を整える等の対策をして、被害に遭いにくい体制を作る必要があります。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ