設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【東京都足立区】路上で痴漢行為の男逮捕

防犯情報

【東京都足立区】路上で痴漢行為の男逮捕

2018.01.12 金曜日

【防犯カメラ映像 痴漢の証拠に】

 

2018年1月11日、東京都足立区の路上で女性に抱き付いて下半身を触ったとして、34歳の男が逮捕されました。

 

容疑者は2017年8月16日深夜、東京都足立区竹ノ塚の路上で、歩いていた20代の女性に後ろから抱き付いて下半身を触った疑いが持たれています。

 

警視庁によりますと、容疑者は無言で女性に抱き付き、スカートの中に手を入れたということです。

 

付近の防犯カメラには、容疑者が女性の後をつけて近付いていく様子が映っていました。

 

容疑者と女性に面識はないということです。

 

取り調べに対し、「欲望を抑えられず、下着を触ってしまった」などと容疑を認めています。警視庁は余罪などを調べています。

 

 

【防犯カメラの効果】

 

上記の事件では、発生から約半年ほどかけて痴漢の犯人逮捕がなされています。

 

容疑者と被害女性に面識がなく、事件発生後犯人がすぐに逃げ去ってしまったため、これまでは犯人を確定させることが困難なケースでした。

 

今回の事件は被害者の証言や、犯行直前の防犯カメラに映った映像から犯人を割り出していったものと思われます。

 

外周警戒

 

防犯カメラが現在のように普及していなかった頃、逮捕が難しい罪種がいくつかありました。

 

今回のような路上での事件は、証拠も集めにくく、曖昧な目撃情報をもとに人海戦術で捜査に当たり、それでも事実は分からない、といったケースがほとんどでした。

 

また、自転車泥棒や車へのイタズラ、壁への落書きなども、証拠が掴みづらく、また被害額が大きくないことから、警察の活発な捜査は期待できないものでした。

 

現在防犯カメラの普及率が急激に上昇し、電柱にも防犯カメラが取り付けられるようになったことから、上記のような風潮が変わりつつあります。

 

防犯カメラに映った犯行映像がもとになり、自転車泥棒、落書き犯、路上での暴力事件やひったくり、痴漢なども逮捕されるようになりました。

 

「大きな事件でないと、警察は動いてくれない」といわれていた状況から「防犯カメラの証拠映像があれば、警察が動いてくれる」という状況まで変わってきています。

 

 

また、昔は防犯カメラの映像があっても、画質の悪い物だったりすると「こんな粗い映像では何もわからない」と警察がさじを投げてしまうこともありましたが、近年、昔の画質の悪いカメラが100万画素、200万画素のカメラに入れ替えられ、高画質防犯カメラが広まっていることで、より証拠能力の高い映像が集まるようになっています。

 

今後も防犯カメラの画素数は上がっていく見通しですので、警察の防犯カメラ活用による検挙率の向上が期待されるところです。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ