設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

信頼性の高い高画質屋内ドームカメラ

2015.11.05 木曜日

AHD401

 

画像は本年発売した、アナログHD130万画素 高画質屋内ドームカメラ「JSS401」という防犯カメラで、この機種が屋内の環境において大変好評をいただいている。

 

このカメラは、メーカーが発売していた既製品カメラをベースに、特定の環境下での使用を想定して、現場に必要な機能を追加し不必要な機能を削った、弊社特注品のOEM製品になる。

 

想定した使用環境は①店舗(小売店・飲食店など)②マンションの屋内③オフィスの3つを特に想定しており、実際にそういった環境に約1年間設置し続け、抜群の安定性と、現場にマッチした高品位の映像が実証出来た。

 

従来、上記の様な環境で低コストで防犯カメラを導入するためには、低コストゆえにカメラの画質を40万画素前後のアナログカメラで導入することが多かった。しかし、上記の様な環境は、「人物の人相が識別できること」「レジ金の出し入れの詳細が把握できること」を希望するお客様が多く、そのご要望を満たすためには一気に200万画素クラスの防犯カメラまでグレードを上げないと、十分な成果が出ない傾向にあった。

 

コストを優先するお客様は結局40万画素クラスの物を導入せざるを得なく、画質を優先するお客様は一気に跳ね上がったコストでの導入をせざるを得なかった感が強い。

 

そこで、人相や金種を十分識別できる画質の130万画素というランクで、なおかつネットワークカメラのような高額なシステムにすることなく、従来のアナログ配線でシステムを組める、「アナログHD 130万画素」のカメラの発売によって、上記の様な問題を解決することができるようななった。コストは従来の40万画素クラスのアナログカメラとほぼ同等にしたまま、画質を3倍以上にすることができている。

 

 

もちろん部品を廉価にして価格を落としたのでは、その耐久性や映像品質に問題が出てしまうので、部品については十分信頼性の高いものを使用して製造してもらっている。

 

たとえばカメラ映像の心臓部分であるイメージセンサーについてはSony製のCMOSセンサーを搭載しており、高画質かつ滑らかでノイズの少ない映像を実現した。

 

イメージセンサーはCCDの方が高画質では?と以前は言われていたのだが、最新の一眼レフカメラがこぞってCMOSを採用し始めたことでもわかるように、現在のCMOSはCCDと同等の高画質を実現できるうえに、CCDよりも滑らかな動きで撮影できるようになっている。

 

また、レンズについても開放値F1.4の明るいレンズを採用している。

 

暗視機能については、高感度、赤外線照射を両方搭載しており、それぞれのメリットを活かしながら撮影することができる。

 

例えば飲食店では夜間営業の際に、薄暗い照度で営業をするため、従来のカメラでは映像も暗くなってしまうことがあったが、高性能高感度機能により、カラー撮影のまま、薄暗い場所も明るく鮮明に撮影することができる。

 

小売店やオフィスのように、夜間の店舗荒らし・事務所荒らし対策にカメラを設置する場合は、真っ暗な場所では赤外線照明をカメラが自動で照射することで、夜間でも鮮明に撮影することができる。

 

マンションのエントランスにおいては、入り口方向にカメラを向けることが多い為、必然逆光になることが多かったが、強力な逆光補正機能をもつ、WDR機能をカメラに搭載することで、逆光下でも人相まで鮮明に撮影できるようになっている。

 

 

カメラのデザインについては、どのような環境でも設置場所の雰囲気を壊さない、コンパクトかつスマートな型にし、色味も清潔なホワイトを採用することで、カメラの威圧感を抑えることができた。

 

また、クリアドーム部分については、ジャンボジェット機の窓にも採用されている、ポリカーボネート素材を採用することで、ハンマーで叩かれても割れない仕様になっており、防犯性能も十分備えたモデルになった。

 

 

このように、屋内設置環境において十分な性能を発揮できるように、高度な機能が多数搭載してあるカメラは、通常だと製造コストが高くなってしまうのだが、店舗・オフィス・マンションなど、カメラの需要が高く、規模の大きいマーケットを狙うことを前提に、仕入れロットを大きくすることでカメラ1台当たりのコストを大きく下げることができ、他社の同等品に比べて圧倒的に低コストで販売できるようになった。

 

弊社では専門の防犯設備士が多数在籍しており、この機種については全防犯設備士が開発に関わることで、「現場にマッチした性能」を実現できた。

 

現在弊社では防犯設備士による無料防犯診断の際に、実際のカメラ映像をかならず見ていただいている。

 

マンション、店舗、オフィスへの防犯カメラ設置をご検討の方には、是非、このこだわりの逸品の映像を現場で見ていただきたいと思っている。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ