設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【静岡県】沼津の飲食店襲撃事件

2019.07.26 金曜日

【飲食店で店主と客を襲撃】

 

静岡県沼津市の飲食店で、客と店主が刃物で刺され重体となっている事件で、64歳の男が逮捕された。

 

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは自称不動産賃貸・中古車販売業の男で、2019年7月21日に沼津市の飲食店で客の男性(71)と店主の女性(68)の腹や首などを刃物で刺し殺害しようとした疑いが持たれている。

 

2019年7月21日午後7時半ごろ、店内には客の男性(71)と店主女性(68)、容疑者男の3人しかいなかった。

 

容疑者は刃物を取り出して2人に襲い掛かり、頭や首、腹を刺し、血だらけになった客の男性(71)は隣の飲食店に駆け込み、「110番してくれ」と助けを求めた。



飲食店の客が入り口のドアを閉め、容疑者男を閉じ込めたが、容疑者男は刃物を持ったまま裏口から逃走。

 

警察官が駆け付けた時には、その姿はなかった。

 

同署は防犯カメラの映像などから容疑者男を特定し、自宅にいたところを逮捕した。

 

容疑者は過去に店を訪れていて、同署は店主女性(68)と何らかのトラブルがあったとみて調べを進めている。

 

2人は、いずれも重体となっている。

 

警察によると、容疑者男は7月7日に「この店の料金が高い」と警察に相談に訪れていて、当初から捜査線上に上がっていたという。

 

捜査関係者によると、容疑者は調べに対して黙秘しているという。

 

一方、小笠原容疑者は日常的に近隣トラブルを起こしていた。

 

近隣住民によると、容疑者男は「近所付き合いはしたくない」という理由から町内会から出ていった。ささいなことで怒って怒鳴り込んでくる。トラブルに耐えられなくなって引っ越していった家は1軒や2軒ではない。奥さんと娘さんはいつの間にか家を出て行き、本人も働いているのか、いないのかも分からず、たまに車で出掛けていた。すぐカッとなる性格のようで、自分が気に入らないととにかく難癖をつけ、自動車の修理代を払わなかったこともあったと聞いた、と言っている。

容疑者男は14年前にも浜松市で、離婚した妻への付きまとい禁止の保護命令が出ていたにもかかわらず、自宅近くをウロウロしたとして、配偶者暴力防止法違反の疑いで逮捕されている。

 

 

 

【事件への発展性】

 

上記の事件では、日ごろからトラブルメーカーと近隣に目されていた男が、飲食店で殺人未遂事件を起こした、というもので、同様の事はどのお店でも起こり得るものだと言えます。

 

昨今全国的に店舗ですぐにカッとなり、暴力を振るったり、店員を脅したりする事例が相次いでおり、そういった性格の人物は何をしでかすかわからず、同様の事件を引き起こす可能性があります。

 

その為、いかに早い段階でその男性を警察の手にゆだねるか、ということは非常に重要です。

 

店舗防犯カメラ

 

今回の事件でも、容疑者男は事件より前にお店の不満をわざわざ警察に申告していたことから、その前からお店に行っており、何か不満を勝手に持っていたことが分かります。

 

店舗において、暴れたり、脅したりする人を早い段階で警察にひきわたすために、防犯カメラで映像と音声をしっかり録画録音し、確たる証拠をもって警察にひきわたし、お店に来にくくすることが重要です。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ