設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【愛媛県】病院荒らしで全国行脚

2015.01.13 火曜日

2015年1月13日、愛媛など5府県警の合同捜査本部は、全国30府県の病院に侵入し、現金計約2800万円を盗んだとして、窃盗などの疑いで韓国籍の大阪市生野区無職男(49)を追送検し、捜査を終えたと明らかにした。

 

追送検容疑は2006~14年、鳥取や徳島、大分など30府県の61の病院を車で回り、裏口から職員控室などに侵入して職員の財布やキャッシュカードなどを盗んだ疑い。窃盗被害87件を裏付けた。

 

愛媛県警捜査1課によると、カードを盗んだ際は、被害者に警察官や銀行員を装って電話して暗証番号を聞き、現金自動預払機(ATM)から引き出していた。盗んだ金はギャンブルや借金の支払いに充てていた。

 

上記の事件のように、病院は防犯上、どうしても埋められない隙があるため、侵入・窃盗が発生する確率が高くなっています。

 

どのような人でも敷地に入ることができ、怪しまれないこと、建物内をある程度自由に動き回っても不審に思われないこと、入院患者の現金や財布が病室におかれていることが多いこと、またお見舞金など、通常より多額の現金が集まっていることが多いことなどが泥棒に狙われる原因になっています。

 

 ハイビジョンカメラ

 

薬剤狙いの泥棒や内部不正も発生することが多い為、出入りする人を監視カメラで撮影・録画することがどうしても必要になってきます。

 

病室や専有部などはどうしても監視カメラ設置が難しいこともありますが、そこに至る通路や出入り口で、どのような人が何時何分に出入したのかを記録することで、犯人の絞り込みができるだけでなく、カメラ設置による犯罪抑止効果も期待できます。

 

現在は地デジハイビジョン放送と同等の画質の、200万画素の高解像度防犯カメラ(メガピクセルカメラ)も実用化されているため、人物の人相や、手元の小さなものまでクッキリ鮮明に撮影できます。

 

 

医療施設の導入事例はコチラ

病院・医療施設の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ