防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【和歌山県】車のタイヤパンク40件、犯人逮捕

防犯情報

【和歌山県】車のタイヤパンク40件、犯人逮捕

2017.08.21 月曜日

【ストレス発散にタイヤをパンクさせる】

2017年8月1日、和歌山県警湯浅署は、車のタイヤを繰り返しパンクさせたとして、器物損壊容疑で同県広川町の無職男(56)を湯浅区検に追送検したと発表した。計40件の犯行を裏付け、捜査を終結した。

 

送検容疑は、今年1~6月、広川町を中心に1市2町で、民家の敷地などに駐車していた車両のタイヤを千枚通しで突き刺し、計126本(被害額計約130万円相当)をパンクさせたとしている。

 

同署によると、男は「仕事が長続きせず、人生がうまくいかない」と話し、ストレスを発散しようと犯行を繰り返していたという。

 

 

【頻発するタイヤのパンク事件】

 

上記の事件のような、無差別にタイヤをパンクさせる事件は全国で同様の事例が多数あります。

 

上記の和歌山県の事例の様に、何か精神的なはけ口を求めた犯人が、何の恨みもない人々の車のタイヤを釘や千枚通しでパンクさせています。

 

共通する手口としては、ある一定エリア内で次々にタイヤをパンクさせることや、短い期間で犯行を繰り返すことが挙げられます。

 

また、ターゲットの多くは民家や月極駐車場の乗用車であり、屋外の出入りが容易な場所の車ばかりを狙います。

 

被害にあった人は、朝、車に乗って通勤しようとしたら、タイヤがパンクしており、車に乗っていくことができない、といったことが起こります。

 

犯人のストレス発散のために、何も悪いことをしていない人が被害を受けることは、非常に理不尽なことです。

 

 

【防犯対策】

 

パンク犯は無作為にパンクさせやすい場所で犯行を繰り返します。

 

周囲にあまたあるターゲットから、容易に犯行が成功するものを選んでいることから、ダミーカメラや防犯カメラ、侵入警報装置などを設置することで、犯行抑止をすることが最も効果的です。

 

ストレス発散で行っている犯行の目撃者が表れ、警察沙汰になるのは避けたいと考え、防犯対策がされている場所を狙うくらいなら、防犯対策がされていない場所を優先的に選んで犯行に及びます。

 

 

a25

 

タイヤのパンク被害に遭うことは、その場所が防犯上非常に手薄になっており、犯罪者に狙われやすい環境になっていることを表します。

 

そのままにしておくとタイヤのパンクだけでなく、車両の盗難や空き巣などの被害が発生する可能性があります。

 

屋外の防犯対策をしっかりすることで、パンク犯や泥棒に狙われにくい環境を作る必要があります。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ
セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら