防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【大阪府・大阪市】車上荒らしでゴルフバッグ窃盗

防犯情報

【大阪府・大阪市】車上荒らしでゴルフバッグ窃盗

2016.12.26 月曜日

【車上荒らしでゴルフバッグ盗み転売、防犯カメラ映像から逮捕】

 

2016年12月20日、大阪府警平野署は、車からゴルフバッグを盗んだとして窃盗容疑で、住居不定無職男(35)ら男2人を逮捕、送検し、5件(総額約207万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。

 

盗んだゴルフ道具は転売しており、容疑者は「高く売れるので狙った」と容疑を認めている。

 

送検容疑は、2015年3月、大阪市平野区の男性会社員宅駐車場で、乗用車の後部ガラスを割り、車内のゴルフバッグなど177点(約112万円相当)を盗んだなどとしている。

 

同署によると、盗品の転売先の防犯カメラの映像などから発覚した。

 

 

【犯人の狙い】

 

昨今、ゴルフバッグ狙いの車上荒らし犯が増えており、マンションの駐車場、自宅の駐車場、ゴルフ練習場の駐車場などで被害が多発しています。

 

車上荒らし犯の狙いは今回の供述の様に、「ゴルフバッグは高値で転売できる」というところにあり、中古ゴルフ用品店に転売したり、インターネットオークションで売りさばいたりします。

 

ゴルフバッグだけでなく、最近は釣り道具も頻繁に狙われており、やはり中古市場が確立されており、単価が高いものが狙われているようです。

 

車上荒らし犯はどのような場所で、どのような物が盗みやすいのか、人々がどのような行動をとるのかを計算に入れながら犯行を繰り返します。

 

ゴルフバッグ狙いの車上荒らし犯はマンション駐車場や自宅駐車場など、車内にゴルフバッグを入れっぱなしにしている可能性が高い場所での犯行を繰り返し、釣り道具狙いの車上荒らし犯は、釣りのポイント付近で、釣り人が車両を離れて釣りをしている隙を狙って犯行を繰り返します。

 

同様に、年末年始はショッピングモールや寺社仏閣に多数の人が押し寄せることから、その駐車場の車を荒らす車上荒らし犯も非常に多く、行楽シーズンは行楽地の駐車場の車に貴重品を置いたまま車を離れる人が多いことから、そこを狙う車上荒らしが頻発します。

 

寺社仏閣

 

 

【車上荒らし対策】

 

今回の事件では、車上荒らし犯が盗んだゴルフバッグを転売する際に、店舗の防犯カメラに姿がはっきり写っており、その映像をもとに捜査が進み逮捕に至りました。

 

現在ではマンションや駐車場など、犯行現場になり得るところに防犯カメラが設置されていることも多く、また、犯人の逃走経路上に多数設置してある様々な場所の防犯カメラ映像も、犯人検挙の手がかりとなる為、防犯カメラの存在は、犯人の検挙に大きく役立っている様子です。

 

しかし、そもそもの車上荒らしの被害に遭わないためには、何よりも車の中に貴重品を置いたまま車を離れない事が重要です。

 

車上荒らし犯は車両の中に金目の物がないかチェックしたうえで犯行に及びます。

 

ターゲットになり得るものが車内になければ、被害に遭う確率は極端に下がります。

 

車から離れる際は、かばんや携帯電話、ノートPCを持っていくべきで、「ちょっとコンビニでトイレに行くだけ」という隙に車内のノートPCが盗まれ、仕事上の個人情報の漏えいが起きる、といった事例が跡を絶ちません。

 

個人情報の漏えいが起きた場合、車上荒らしの被害者になると同時に、個人情報を漏えいさせた加害者になってしまいます。

 

その都度持って歩くことが不可能だ、という場合は、同様に車上荒らしの被害を防ぐことも不可能です。被害に遭う可能性があることを認識したうえで、財布などの重要度が高いものだけでも持っていくことや、駐車する際に防犯カメラのある駐車場を選び、できるだけカメラによく映る場所に車を停めるようにする、車両にカーセキュリティを装備する、などの対策で、被害に遭う確率を下げていくしかありません。

 

車はそもそも金庫ではないので、その中に物を置いて行くことは安全にはつながらない、という認識は非常に重要です。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら