防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

学校の職員室で窃盗容疑|防犯カメラの日本防犯設備

2014.09.05 金曜日

?以下に学校の職員室での現金盗難の事例を2例紹介します。いずれのケースでも防犯カメラは未設置だったとのこと。

 

【小学校での現金窃盗?】

 

2014年9月4日、神奈川県警神奈川署は、小学校の職員室で女性教諭3人のかばんから1万円ずつを盗んだとして、同校教諭(37)を窃盗容疑で書類送検した。

 

「小遣いが欲しかった。飲酒代などに使った」と供述している。

 

容疑者は同校では音楽を担当。模範となる指導をし「横浜優秀教員」に選ばれたこともあった。

 

校長は「児童や保護者の信頼を裏切ってしまった」と話した。市教委は教諭の処分を検討する。

 

【小学校での現金窃盗?】

 

2014年7月18日、警視庁町田署は、勤務先の小学校から遠足費など約13万円を盗んだとして、同校教諭(36)を逮捕した。

 

「消費者金融などに借金があり、どうしようもなくてやった」と容疑を認めている。

 

逮捕容疑は7月1~14日、同校事務室の金庫や同僚教諭の机に保管してあった遠足費や教材費計約13万円を盗んだとしている。

?

【防犯カメラで対策】

 

上記の2件の事件の通り、学校では様々な事態が心配されます。

?

関係者による金銭や物品の窃盗だったり、生徒同士のトラブルだったり、泥棒によるOA機器の盗難だったり、多数の心配事があり、また、事件が発生した際に学校側の対応を求められることもしばしばです。

?

ある学校では職員室での窃盗事件発生後、高画質防犯カメラを設置しました。

?

設置の目的は「万が一の際の証拠を撮る」こともありますが、何よりも「防犯カメラを設置することで、犯行を諦めてほしい」という思いが強かったようです。

?

もし事件が発生し、具体的に誰が盗んだのかがはっきりした場合、盗んだ本人を厳しく処罰しなければいけません。

?

その際には誰一人として得をする人はいません。

 

処罰された人だけでなく、学校側は優秀な教員を1人失うことになり、被害にあった人は不信感を拭い去ることが出来ず、生徒や保護者も大きな不信感を持ってしまいます。

 

学校

 

そういう事態を防ぐためにも、防犯カメラで犯行の抑止をする必要があり、また、セキュリティがしっかりしていることは生徒の保護者に大きな安心を与えることになります。

?

【防犯カメラ業者の選定】

 

防犯カメラの場合、映像の管理やプライバシーについての懸念がどうしても出てしまうため、設置の際には運用規定をしっかり定め、関係者への十分な説明が必須となります。

?

学校や幼稚園、保育園、学習塾への防犯カメラ導入は、ただ単に防犯カメラを販売している、設置工事ができる業者に依頼することは非常に危険です。

?

設置後の運用方法までしっかりとコンサルできる業者への依頼をおすすめします。

 

 

教育施設の導入事例はコチラ

教育施設の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】