設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 高校37校に侵入し、180万円窃盗

防犯情報

高校37校に侵入し、180万円窃盗

2017.02.20 月曜日

【高校や大学に侵入し、窃盗37件180万円】

 

2017年1月12日、大阪府警捜査3課は公立高校に侵入して生徒の財布などを盗んだとして窃盗容疑などで、三重県津市アルバイト男(62)を逮捕、送検し、46件(計約180万円相当)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。大阪、兵庫、滋賀の3府県の公立高校36校、私立大学1校で犯行を繰り返しており、複数回被害に遭った学校もあったという。

 

大阪府警によると、容疑者は「小中学校や私立と比べて警備が甘い」との理由で主に公立高校を狙い、空き教室にある生徒のかばんから財布や電子辞書などを盗んでいた。日中に私服姿で自転車に乗って正門から侵入しており、「校内で人に出くわしても先にあいさつをすれば怪しまれなかった」と供述しているという。

 

送検容疑は、平成27年4月~28年7月、大阪市阿倍野区の府立高校で、女子生徒ら4人分の現金計約9万円入りの財布や電子辞書を盗んだなどとしている。

 

大阪市浪速区の家電買い取り店で、容疑者が盗んだ電子辞書を売却していたことから関与が浮上したという。

 

「白昼堂々、37校に侵入し180万円窃盗 「あいさつすれば怪しまれぬ」62歳男を容疑で逮捕」産経WESTより引用

 

 

 【犯行の動機】

 

学校を狙った窃盗事件が近年増加傾向にあり、夜間の忍び込みだけでなく白昼堂々と校舎に入り込む手口が増えています。

 

上記の事件の犯人が供述しているように、私立高校より公立高校の方が警備が甘いと思われており、小中学校より高校の方が換金性の高いものを生徒が持っていることが多いことから、「公立の高等学校」がターゲットにされやすいといえます。

 

泥棒の狙いは生徒の財布に入っている現金だけでなく、スマートフォンやゲーム機、電子辞書などの電子機器を盗み出し、転売することで現金を得ようとします。

 

また、今回の事件の様に、白昼堂々侵入する泥棒も多く、入学式や卒業式、体育祭など、教室から人が出払ってしまうタイミングを狙って、一般人に紛れ込んで校内に入り込み盗みを働く泥棒もいます。

 

泥棒は犯行を開始した後、一定期間内に周囲を荒らしまわることも多く、被害が発生した近隣の学校や付近の県の学校で同様の被害が発生することも多々あります。

 

屋外監視カメラ

 

 

【学校の防犯対策】

 

学校で泥棒被害を防ぐためには、敷地出入口部分や校舎出入口部分に防犯カメラを設置することで、泥棒の侵入を抑止することができます。

 

また、知らない部外者を校舎内で見かけた際には、職員による声かけをすることで高い確率で泥棒を退散させることができます。

 

泥棒の中には、金目の物だけでなく、生徒の身につけるものを盗んでいく「色情狙い」の者もおり、また、個人情報や家の合鍵が盗まれてしまった場合、更なる大きな被害につながってしまうこともあります。

 

生徒全員の貴重品を学校側で管理することは難しく、学校行事の際に部外者の出入りが普段より多くなり、隙ができてしまうことも避けられない以上、防犯カメラなどの具体的な対策が必要だといえます。

 

 

教育施設の導入事例はコチラ

教育施設の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ