設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【静岡県・掛川市】ファミリーレストランで強盗事件

防犯情報

【静岡県・掛川市】ファミリーレストランで強盗事件

2017.10.02 月曜日

【ファミリーレストランでの強盗事件、元従業員を逮捕】

 

2017年9月26日午前1時頃、静岡県掛川市のファミリーレストランで強盗の被害に遭ったと従業員から110番通報があった。

 

静岡県警・掛川署によると、閉店後、刃物を持った男がアルバイトの女性従業員を脅し現金約30万円を奪って逃走したという。女性に怪我はなかった。掛川署は強盗事件として捜査している。

 

男は身長約160センチで、30~40歳代とみられ、事件当時はマスクをつけていたという。

 

男は店の裏口から出てきた女性従業員に刃物を突きつけて店内の金庫まで案内させ庫内の現金入りのバッグを奪ったという。

 

店内には当時、女性従業員のほかに男性従業員1人がいた。

 

 

上記事件では同日に犯人逮捕の報道がありました。

 

2017年9月26日未明に静岡県掛川市のファミリーレストランで起きた強盗事件で、静岡県警掛川署などは同日、強盗の疑いで同県袋井市の飲食店店員男(29)を逮捕した。男は容疑を認めている。

 

逮捕容疑は同日午前1時ごろ、掛川市のファミリーレストランで、閉店後に裏口から出てきた店員を小型ナイフを突きつけて脅し、店舗内の金庫にあった現金約30万円入りのバッグを奪ったとしている。

 

同署によると、容疑者は同系列の別店舗の店員で、被害店舗にも以前勤務していたことがあり、被害を受けた店員は容疑者と面識があった。

 

店員の証言から容疑者が浮上。警察は、付近の防犯カメラ映像から周辺を通った車から容疑者の車を割出し、浜松市中区のパチンコ店で容疑者の軽乗用車を発見し、職務質問したところ、容疑を認めたため逮捕した。

 

同署は容疑者が店の営業形態や売上金の管理場所などを把握した上で犯行に及んだとみて捜査を進めている。

 

 

【強盗事件のパターン】

 

上記の事件では、強盗犯は閉店後、店の裏口から出てきた従業員を刃物で脅して金庫から30万円を奪っています。

 

飲食店での強盗事件では通常、従業員が1人か2人になるタイミングで店の正面から押し入り、レジの現金を奪おうとします。

 

いつ従業員がでてくるかわからない裏口で待ち伏せている事はなく、証言「裏口を出たところで強盗に遭った」という場合は、①従業員の自演自作②元従業員の犯行②従業員と外部の者が結託して起こした強盗事件、のうちどれかの可能性が極めて高いといえます。

 

この、「裏口で従業員を脅す」という手口は、「何時頃従業員が裏口から出てくるのを知っている」「レジ金狙いではなく金庫が狙いで、金庫にお金があることを知っている」「その時間に裏口から従業員を脅して店内に入っても、店内に従業員がいない、もしくはごく少ないことを知っている」という条件が揃わないと行えません。

 

そのため、従業員か元従業員にしか基本的には実行できない手口となります。

 

外周警戒

 

今回の掛川市の事件でも、犯人はその店舗で働いたことがあり、なおかつ系列店舗で勤務中の人物でした。

 

逮捕の決定的な要因は、被害店員が犯人のことを知っていたことで、即日スピード逮捕につながったのは、警察が周辺の防犯カメラ映像から容疑者の車を割り出していたことです。

 

近年の犯罪捜査は、犯行現場で犯人の人相など、決定的な証拠が撮影できなくとも、周辺の防犯カメラもあわせて利用することで、犯人の絞り込みや逃走ルートの解明を行うことができ、犯人が覆面をしていようとも警察による追跡が可能になってきています。

 

こういった逮捕事例が増えれば増えるほど、「覆面をしていても逮捕されてしまう」と考える強盗予備群が増え、強盗の抑制効果が期待できます。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ