防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【埼玉県】貨物自動車739台窃盗、11億円の被害

防犯情報

【埼玉県】貨物自動車739台窃盗、11億円の被害

2017.02.06 月曜日

【739台のダンプカーやトラックを盗んだ窃盗グループ】

 

2017年2月3日、埼玉県警は、トラックなどの貨物自動車739台を盗んだなどとして同県久喜市無職男(43)ら3人を窃盗などの疑いで逮捕・送検し、捜査を終えたと発表した。

 

被害総額は合わせて11億円以上にのぼるという。

 

ほかに逮捕されたのは、同県八潮市解体工男(41)、同県加須市無職男(46)の両容疑者。3人とも窃盗罪などで公判中。

 

捜査3課によると2011~16年、県内を中心に10都県で主に建設会社や資材置き場に侵入し、3人で合わせて739台のダンプカーやトラックを盗むなどした疑いがある。

 

盗んだ車は、茨城県内の自動車解体場で売却していた可能性があると同課はみている。

 

3人は、犯行に使う車や盗んだ車のナンバープレートを、盗んだ地元ナンバーに付け替えて目立たないようにしたり、盗んだ車をすぐには売却する場所に運ばず、道の駅などの大型駐車場で数日間放置して移動中の摘発を避けようとしたりしていたという。

 

警察によると、3人は電話帳などで調べた建設会社に侵入してトラックを盗み、1台当たり25万円から40万円ほどで売りさばいていたとのこと。

 

調べに対し3人は「生活費がほしかった」などと供述している。

 

 

「貨物自動車739台窃盗容疑、3人逮捕 11億円被害か」朝日新聞DIGITALより引用

 

自宅防犯カメラ

 

【検挙が続く大規模自動車窃盗グループ】

 

昨今、全国各地で大規模自動車窃盗グループの検挙が相次いでいますが、その間にも車の盗難は変わらずに発生しています。

 

先日も茨城県で車両91台、被害総額2億円超の窃盗グループが検挙されています。

 

検挙しても検挙しても自動車盗難はなくならず、次から次に大規模窃盗グループが捕まっていることを考えると、世の中に自動車泥棒は数え切れないほどおり、それを検挙しつくすことは難しいことだと感じる次第です。

 

また、一度逮捕されても、出所後に再度自動車泥棒に一生懸命励む泥棒も多く、結局自動車窃盗犯がいなくなることはなさそうです。

 

泥棒がいなくなって盗難の心配をする必要のない日が来ることを待つよりは、盗難されない様に対策をした方が有益です。

 

今回検挙された泥棒の手口は非常に典型的なもので、①電話帳などでターゲットになりそうな物件住所を調べる②下見に行き、ターゲットに目星を付ける③複数人で車に乗って盗みを決行。運転役、見張り役、実行役などに役割分担④車の不正輸出をしている「ヤード」という車両解体場に盗んだ車を持っていき売却、といった手口になっています。

 

昨今は千葉県での違法ヤードの取り締まりが非常に厳しいため、茨城県の解体場に持ち込んで売却していたようです。

 

車両盗難は運搬距離が長ければ長い程、その途中で逮捕される確率が高くなるため、解体場の周辺で盗みを働くことがほとんどです。

 

その為、近年では茨城県周辺(埼玉・栃木県)で自動車盗難が多発しています。

 

 

【自動車泥棒対策】

 

自動車泥棒は盗みを決行する前に必ず下見をします。

 

ターゲットになりそうな車両を探し、その場所のセキュリティレベルが高いか低いかを品定めし、セキュリティレベルが低ければ盗みを実行します。

 

その為、屋外の目立つところに防犯カメラを設置しておくことで、下見の段階でターゲットから外させることができます。

 

犯罪の抑止効果を高めるためには、ダミーカメラの設置や防犯看板の設置も非常に効果的です。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

  • 自動車盗難の犯行動機

    自動車盗難の犯行動機

  • 【茨城県・栃木県】トラック盗難260件 被害総額約6億円

    【茨城県・栃木県】トラック盗難260件 被害総額約6億円

  • 【第1回】防犯カメラの基礎知識

    【第1回】防犯カメラの基礎知識

  • 存在意義と効果(防犯カメラ)

    存在意義と効果(防犯カメラ)

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら