高速ネットワークカメラシステム

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【兵庫県・尼崎市】ワンルームマンション専門の空き巣

2015.03.09 月曜日

2015年3月6日、兵庫県警捜査3課と尼崎東、芦屋署は、ワンルームマンション専門に空き巣を繰り返していたとして、窃盗などの疑いで住所不定無職男(36)を逮捕。同日、書類を神戸地検尼崎支部に送り、捜査を終えた。

 

尼崎東署などは、容疑者が2014年7月中旬~同11月初旬までの間、尼崎や大阪市で重ねた計26件(総額約289万円相当)の空き巣を裏付けた。容疑を認めているという。

 

容疑者は「家人が留守がちな平日の午後2~7時までの時間帯を狙い、ベランダから侵入していた」と供述。昨年7月にとび職を辞めて以降、「金に困り、生活のためにやった」と話しているという。

 

上記の事件のように、泥棒はある一定の業種や建物を狙うことが多く、その理由は「共通の隙がある」というところにあります。

 

ある泥棒は「オートロック式の高級マンション」に狙いを定めていました。その理由はオートロックがあるという理由で、住民が油断して、自室の玄関鍵を施錠していないことが多く、金目の物を所持している可能性が高かったためです。

 

また、ある泥棒は新興住宅街に狙いを定めていました。その理由は「地域住民同士のつながりが浅く、また共働きの比較的若い世代が多く、日中留守の確率が高い」というところにありました。

 

上記の事件の泥棒も、「ワンルームマンションの住人は日中留守にしている」というところに着目して犯行を繰り返していました。

 

今回の泥棒は逮捕されましたが、重要なことは「ワンルームマンションには共通の隙があり、そこを狙っている泥棒がいる」ということです。

 

マンションでの空き巣被害は、そのマンションの資産価値を大きく損ねる可能性があり、入居率・退去率・空室率に大きく影響する可能性があります。

 

エントランス防犯カメラ

 

防犯カメラをエントランスや屋外目立つ場所に取り付けることによって、空き巣に「ここは防犯対策がしっかりしているからやめておこう」と犯行を諦めさせることができます。

 

また、万が一の有事の際には、防犯カメラの録画映像を警察に提出することで、検挙のスピードや確率が上がります。

 

何かあってからでは遅い、という理屈は正しい理屈ですが、「先日の空き巣が捕まった」という一報は、住民に大きな安心感を与えることもまた事実です。

 

 

アパート・マンションの導入事例はコチラ

アパート・マンションの防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ