防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【福井県・越前市】ホームセンターで多額の万引き

2015.09.08 火曜日

2015年9月4日、福井県警越前署、ホームセンターでの窃盗容疑で三重県松阪市無職男(50)を現行犯逮捕した。

 

容疑者は収納ケースが入っていた段ボール箱(会計はこの箱に貼ってあるバーコードをレジで読み取る)に別の品物を詰め込み、レジで収納ケースの代金のみを支払うといった手口で盗みを働いていた。

 

上記の事件のように、店舗での窃盗・万引きは思いもよらない手で、思いもよらない金額の被害が出ています。

 

「万引き」というと、盗みの動作が小さく分かりにくいような、小型の物品を狙うものという風に思われがちですが、かなり大型のものが狙われる事例も多数起きています。

 

ある紳士服小売店では、ハンガーにかけてある新作のスラックスがまとめて万引きされる被害が頻発しています。

 

ある家電量販店では、液晶テレビの万引き被害が多発しています。

 

高額なものは換金目的(中古市場やオークションでの転売)で盗まれることも多いようです。

 

上記の事件では、犯人がレジを通した後、店内から外に出た瞬間に警察に逮捕されました。(店内での逮捕は、買い物中という言い訳をされる恐れがある為)

 

警察は8月にも同様の事件があったことで、被害に遭った店舗から犯人と思わしき人物とその車両の情報を得、犯人をマークしていたことで今回の逮捕につながりました。

 

店舗防犯カメラ

 

家電量販店やホームセンターなどにおいては、店内への防犯カメラ設置はもちろんの事、駐車場への防犯カメラ設置も重要です。

 

犯人の人相だけでなく、車両のナンバーや特徴などの証拠を押さえることができ、警察の犯人追跡の大きな補助となり、早期逮捕・再犯の防止につながります。

?

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例