防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【神奈川県】ゴルフバッグ窃盗150件

防犯情報

【神奈川県】ゴルフバッグ窃盗150件

2017.04.19 水曜日

【車上荒らしでゴルフバッグを窃盗・転売】

 

2017年4月17日、神奈川県警操作3課は、車の窓ガラスをハンマーで割って車内にあったゴルフバッグなどを盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定無職男被告(47)=別の窃盗罪などで起訴=と内縁の妻、(38)=同=を再逮捕した。

 

「転売して生活費にしていた」「生きるためだった」などといずれも容疑を認めている。

 

神奈川県では横浜市や川崎市、大和市などでは平成26年末から29年3月にかけて、ワンボックスカーなどからゴルフバッグが盗まれる被害が約150件(被害総額約2200万円)あり、神奈川県警では同容疑者らが関与した疑いがあるとみている。

 

再逮捕容疑は、平成29年2月中旬、横浜市鶴見区のマンション駐車場で、乗用車のリアガラスをハンマーで割り、車内からゴルフクラブなどが入ったゴルフバッグ2個(時価計55万5千円相当)を盗んだとしている。

現場付近の防犯カメラの映像などから、容疑者らの関与が浮上したという。

 

 

【車上荒らしの狙い】

 

以前は車上荒らしと言えば、車内の現金やカーナビを盗んでいくことが多かったのですが、最近の車上荒らしの狙いはだいぶ変わってきています。

 

最近の車上荒らしの事例では、ゴルフバッグ、釣り道具、PCやスマホなどが盗まれることが多くなっています。

 

マンションやゴルフ練習場の駐車場では、ゴルフバッグを積んだまま駐車している車が多く、河川や海辺では、高額な釣り道具を車に積んだまま車を離れてしまう人が多く、そういった傾向や風潮からできる隙を泥棒は巧みに突いてきます。

 

また、車上荒らしの手口も、以前の様にピッキングで鍵をあける、というケースが非常に少なくなり、代わりに窓ガラス全体をハンマーなどで叩き割る荒っぽい手口が増えているように感じます。

 

今回逮捕された車上荒らし犯の供述の様に、生活に困ると一生懸命働かずに車上荒らしで手っ取り早くお金を得ようとするケースが増えており、ピッキングなどの手法も身につけていないため、荒っぽい手口を繰り返しているものと思われます。

 

また、その背景には、インターネットで物品を手軽に換金できることも、車上荒らし犯の素人化の要因になっているでしょうし、そういった背景から、以前よりも車上荒らしに手を染める人が増えているようにも感じます。

 

ある日、車に乗ろうとしたら、窓ガラスが粉々に割れ、車内のゴルフバッグがなくなっていたとしたら、非常に大ごとです。

 

ゴルフバッグ盗難による現金としての被害もさることながら、警察を呼んで、その場で鑑識による指紋採取に立ち合い、自分も両手10本の指の指紋を採取され、シートに飛び散ったガラスは掃除をしても取り除ききれない、窓ガラスの修理代もかさむ、といった状況になります。

 

 

 

【車上荒らし対策】

 

車上荒らしは、できるだけ簡単に効率よく、換金性の高いものを盗み出そうとします。

 

そのため、そもそも車内にターゲットになりうるものを置いたままにしなければ、被害に遭う確率は極端に下がります。

 

また、基本的には窓ガラスを割ることから始める為、窓ガラスを強化することも非常に効果的です。

 

犯罪はそもそも抑止の段階が一番重要です。

 

駐車場に防犯カメラを設置して、防犯対策をアピールすることで車上荒らしの発生率を抑えることができます。

 

河川や海辺での釣りの際には、車内に道具を残しておかないことが一番重要ですが、どうしても無理な場合は、車載カメラやカーセキュリティなどで、ドアが開いた瞬間に警報を鳴らしたり、スマートフォンに通知が来るようにする事で、被害を食い止めることができます。

 

屋外防犯カメラ

 

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら