防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

機密情報の流出|防犯カメラの日本防犯設備

2014.05.15 木曜日

大手メーカー勤務の社員が企業の機密を不正に入手し、競合他社への転職を有利に進めるために利用する、といったケースが相次いでいます。

?

今回ニュースになったのは大手自動車メーカー勤務の社員が本社のサーバーにアクセスし、営業情報などを盗み出し同業他社に渡そうとした模様。

?

メーカーではPCからの大量データの移動や外部への送信は専門の部署が監視していたため、事件が発覚した。

?

このケースは国内の企業同士での企業情報の移動となるが、持ち出された側にしてみれば競争力の低下につながる、経営上非常に重大な出来事だったといえます。

?

本年3月には国内電気機器メーカーから業務提携先の技術者が、フラッシュメモリーの技術情報を、韓国の企業に引き渡すという事件がありました。

?

こちらは日本の誇る独自の技術が海外に流出したケースで、国際競争力の低下につながる事件でした。

?

会社の機密情報や顧客情報について、漏洩や他社への流出は企業にとって大ダメージになりますので、しっかりした対策が必要です。

?

情報漏洩

?

PCに限らず書庫の個人情報の書類や過去の営業データなどについては、施錠した上に電子錠で入退室の履歴を取ったり、防犯カメラで24間撮影し続けたり、対策が必要です。

?

オフィス・事務所での情報流出は内部の人間による不正だけでなく、事務所荒らしによる持ち出しやPCごと盗難に遭うこともあり、泥棒は盗んだリストなどを買い取る業者に販売することで利益を得ようとする動きも最近見られます。

?

リストを買い取った業者は、各方面にその情報を売りさばきますので、盗まれた情報が広まる事も大問題です。

 

 

事務所の導入事例はコチラ

事務所・オフィスの防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】