防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【東京都】JR車両内でバッグ窃盗

防犯情報

【東京都】JR車両内でバッグ窃盗

2017.03.27 月曜日

【JR車両内でバッグ窃盗】

 

2017年3月25日、JR中央線の車内で寝ていた大学生のバッグを盗んだとして、無職男(41)が現行犯逮捕されました。

 

今年に入り、中央線では置き引き事件が100件以上起きていて、警視庁が関連を調べています。

 

容疑者は3月25日午前6時ごろ、東京駅に停車中の中央線の車内で寝ていた男子大学生(22)のバッグを盗んだ疑いが持たれています。

 

捜査関係者によりますと、すり担当の捜査員が花見シーズンを前に警戒していたところ、30分近く車内やホームを行き来している容疑者を発見しました。捜査員が犯行を確認して追い掛けたところ、容疑者は裸足になりながら数百メートル逃走し、改札近くで取り押さえられたということです。容疑者は「かばんを届けようとしただけだ」と容疑を否認しています。

 

 

【仮睡盗の手口】

 

上記の事件は、土曜日の早朝に起きており、典型的な仮睡盗の手口と言えます。

 

仮睡盗はスリの手口の一種で、前後不覚で寝ている人のカバンから財布や金目の物を盗みます。

 

新宿駅や東京駅などの繁華街やターミナル駅の早朝に現れ、夜通し飲んで酔っ払って寝ている人を狙って盗みを働きます。

 

30分近く車内やホームをうろうろしていたことも仮睡盗である裏付けであり、泥酔して寝ている人がいて、周囲に人がいない場所を探していたものと思われます。

 

また、逮捕された時の「カバンを届けようとしていただけ」というセリフも仮睡盗の常套手段で、泥酔した人のカバンを物色している際に人が来た時も、まるで介抱しているかのようにふるまうことで、「悪いことなんかしていない、良いことをしているのだ」と周囲に見せかけ、逮捕の手をすり抜けようとします。

 

これからのシーズンはお酒を飲む機会が増え、仮睡盗がもっとも行動を活発にする時期です。土曜や日曜の早朝の時間帯は、大型の駅には必ず仮睡盗がいるものと考え、泥酔したまま電車に乗るのを避ける(といっても泥酔状態では正常な判断力が働かないとは思います)、せめてある程度人が多い車両を選ぶなどは心がけたほうが良いでしょう。

 

屋外防犯カメラ

 

 

【電車内の防犯カメラ】

 

東京都では電車内に防犯カメラの設置台数が増えていく見通しです。

 

電車内の防犯カメラは満員電車内での犯罪行為なんかきちんと録画しきれないのでは?という意見もありますが、こういった満員電車ではない車内でも犯罪行為は多々行われます。

 

電車内の防犯カメラ設置が進めば進むほど、仮睡盗が犯罪をしにくくなるという一面もあります。

 

仮睡盗は事前の警戒心を働かせにくく、非常に防ぎづらい手口のため、防犯カメラによる犯行抑止は非常に価値のある手段だと思われます。

 

 

防犯カメラ・セキュリティシステムの導入事例はコチラ

防犯カメラ・セキュリティシステムの設置事例

 

【関連する防犯情報】

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら