防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【埼玉県・志木市】飲食店など59カ所に侵入窃盗

防犯情報

【埼玉県・志木市】飲食店など59カ所に侵入窃盗

2016.12.19 月曜日

【飲食店など59カ所侵入、現金や指輪592万円相当の被害】

 

2016年12月14日、埼玉県警捜査3課と東入間署、所沢署の合同捜査班は、窃盗と建造物侵入などの疑いで、埼玉県志木市無職男(48)をさいたま地検川越支部に追送検した。

 

埼玉県警は志木市など6市町で64件(総額約592万円相当)の被害を確認、うち59件(総額約497万円)を同支部に追送検し、捜査を終結した。

 

追送検容疑は2014年9月中旬ごろから今年9月10日までの間、志木市内の飲食店など59カ所に侵入し、現金約296万円と指輪など45点(計約201万円相当)を盗んだ疑い。

 

同課によると、男は深夜から未明にかけて、無施錠の建物を狙い侵入を繰り返していたという。防犯カメラの映像などから男が浮上。「生活費に困ってやった」などと容疑を認めているという。

 

 

【飲食店狙う“黒クモ男”御用 盗難被害12件】

 

2016年12月14日、兵庫県警西宮署は兵庫県西宮市内の飲食店に侵入し、現金などを盗んだとして、窃盗と建造物侵入の疑いで西宮市会社員男(27)を追送検し、捜査を終えた。

 

起訴済みの1件を含め12件、計約54万円相当の被害を裏付けたという。

 

追送検容疑は2016年9月30日ごろから2016年11月19日までの間、西宮市内の飲食店に侵入し、現金などを盗んだ疑い。

 

容疑者は「競馬やパチンコに使った」と容疑を認めているという。

 

同署によると容疑者は、狭いビルの間で両手足を使って壁をはい上り、閉店後の飲食店の鍵や窓を壊して侵入。

 

パーカー、ニット、ズボンはいずれも黒色だったという。

 

事務所

 

 

【飲食店狙いの窃盗、昨今の傾向】

 

上記の事件の様に、たて続けに飲食店狙いの窃盗犯が逮捕されています。

 

特筆すべきは埼玉県の窃盗犯も兵庫県の窃盗犯も、自分が住んでいる市内で犯行を繰り返し、生活費やギャンブルに盗んだ金を使用していることで、過去の店舗荒らしの窃盗犯たちに比べて「リスク回避」「効率」などに考えが及んでいないところがあります。

 

自分が住んでいる市内で犯行を繰り返せば、防犯カメラ映像やちょっとした目撃情報の効果が高まり、捕まるリスクが跳ね上がることを計算に入れておらず、お金に困った、ギャンブルをしたいなどのちょっとした理由で、安易に窃盗を繰り返しています。

 

店舗荒らしは従来、非常に手口が巧妙なプロの泥棒が行うことが多かったのですが、昨今泥棒のアマチュア化が進んでおり、今後も同様の被害が心配されます。

 

埼玉県の泥棒は「無施錠の建物を中心に犯行を繰り返していた」とあり、兵庫県の泥棒は「壁をよじ登り鍵や窓を壊して侵入」とあることから、特殊な技量がなくとも犯行が成功し、数十件繰り返すまで犯人が捕まらない、泥棒の犯行を防ぐほどの防犯対策が成されていない店舗が多い、という状況です。

 

通常の扉や窓は防犯効果があまりなく、素人でも簡単に開けて侵入することができます。

 

扉にこじ開け防止のプレートを設置したり、窓を防犯ガラスにするなどで泥棒被害に遭う確率を大幅に下げることができます。

 

また、防犯カメラや侵入警報装置を設置することで、犯行抑止効果が生まれ、万が一の侵入の際にも店内に入った瞬間に警報ベルやサイレンで威嚇・撃退できます。

 

市内に泥棒が1人発生すると、数十件被害に遭う、という状況にある為、「泥棒する奴なんかいない」ではなく被害に遭わないための対策を十分に考える必要があります。

 

 

店舗の導入事例はコチラ

店舗の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら