高速ネットワークカメラシステム

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【滋賀県・東近江市】工場で送電中ケーブル325メートル盗難

2016.03.15 火曜日

2016年2月13日、滋賀県東近江市の建設資材塗装会社の工場で、建物に引かれていた送電中の電線がなくなっているのが発見された。

 

盗まれたのは建物外に敷設されていた直径1~2センチの電線39本、325.5メートルで、約150万円に相当する。

 

東近江署が銅線ケーブルの窃盗事件として調べているとのこと。

 

以前から滋賀県では太陽光発電所での銅線ケーブル盗難が多発しており、屋外の銅線ケーブルを大量に盗んで、リサイクル業者に転売する、といった事例が目立っていました。

 

人気がなく、防犯対策が成されておらず、大量の銅線ケーブルがある場所、という条件から、太陽光発電所が泥棒のメインのターゲットにされおり、送電中のケーブルでも構わず盗む、という点がこれまでの窃盗犯とは異なることろでした。

 

泥棒のターゲットが敷地に積まれているケーブルから、送電中のケーブルも含まれたものになってきているようです。

 

被害に遭った場合、ケーブル再敷設の費用もさることながら、少なからず工場の稼働に影響が出てしまうことも問題で、自社の発電機で賄うとはいっても、どこまで賄えるかは甚だ心細いものがあります。

 

銅線を大量に盗む行為は、銅の相場が大きく下がらない限りは無くならない事が予想されます。

 

CIMG2498

 

 

だからといって、防犯カメラを大量に設置し、敷設してある銅線に向けることは非効率的です。

 

あくまでも「泥棒に敷地に入られること」が問題で、入られてしまった場合、事務所のPCも、車両も、銅線も、工場の機械もターゲットに成り得、どれが被害に遭うかはわかりません。

 

敷地出入口部や敷地全体を監視するカメラの設置方法の方が効果的です。

 

また、夜間無人になる場合は、敷地出入口部にセンサーを貼ることで、侵入者を検知・威嚇できるため、被害に遭う確率はより一層低くなります。

 

泥棒は「防犯対策していない場所」を狙う傾向がある為、しっかり防犯対策することで、被害を未然に抑止することができます。

 

 

倉庫・工場の導入事例はコチラ

倉庫・工場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ