防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

【東京都・六本木】マンションの空き巣10件の犯行

2016.03.11 金曜日

2016年2月13日未明に、東京都港区六本木のマンションで空き巣を働いたとして、モンゴル国籍の男ら4名が逮捕された。

 

4人は2015年9月以降、東京都内のマンションで、鍵のかかっていない部屋を狙って、およそ10件、50万円相当の犯行を繰り返していた模様。

 

六本木のマンションでは、財布などが入ったキャリーケースを盗んだとされている。

 

上記の事件のように、マンション専門の空き巣犯は多数存在し、オートロック式の高級マンションでも平気で盗みを働きます。

 

マンションで生活している人の隙を突いた犯行で、「オートロックがあるから部屋の鍵は閉めなくても大丈夫」という人が意外に多いことを知っての上での犯行が多発しています。

 

オートロックは防犯上の防御力は皆無に等しく、特殊な道具なしでも簡単に通り抜けることができます。

 

泥棒にしてみれば、出はいり自由な場所で、鍵も掛かっておらす、しかも比較的裕福な人が多く稼ぎやすい場所として認識されています。

 

IMG_2157

 

 

オートロックを過信せずに、自室の戸締りは必ずする事が、防犯の手始めとなります。

 

現在防犯カメラの設置してあるマンションが急速に増えている一方、戸数の多いマンションでも防犯カメラがついていないところも多いようです。

 

防犯カメラは空き巣よけのお守りのような効果があり、なおかつ「高画質録画」で有事の際の証拠を確保でき、警察の早期逮捕、再犯の防止に役立てることができます。

 

これからオリンピックに向けて、日本の治安は悪化する可能性があり、自分の身は自分で守る努力が必要になります。

 

その際の有効な選択肢の一つが防犯カメラで、全世界の人がその外観で「監視・録画をする防犯のためのカメラだ」ということがわかる、犯罪抑止の共通語でもあります。

 

 

アパート・マンションの導入事例はコチラ

アパート・マンションの防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】