防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集

トップページ > 防犯ブログ|犯罪情報や防犯対策について > 【愛知県・豊田市】自動車窃盗50台 外国人4人を逮捕

防犯情報

【愛知県・豊田市】自動車窃盗50台 外国人4人を逮捕

2016.12.02 金曜日

【2016年12月1日逮捕の自動車窃盗犯】

 

愛知県豊田市で今年10月、会社の駐車場に止めてあった車を盗んだとして、レバノン国籍の自動車解体業A容疑者(39)とブラジル国籍の男3人が11月30日、窃盗の疑いで逮捕された。警察の調べによると、A容疑者らは今年10月、豊田市内の会社駐車場で、ハイエース1台を盗んだ疑い。4人はいずれも容疑を否認しているという。

4人の関係先からはドリルや鍵を使わずにエンジンを動かせるエンジンコントローラーなどが押収されている。

愛知県内では今年8月ごろからランドクルーザーやスポーツカーなどを狙った窃盗事件が相次いでいて、警察は、4人が50台以上を盗んだ疑いがあるとみて調べている。

 

【同一の窃盗犯 2年前にも逮捕】

 

上記のレバノン国籍のA容疑者は、2年前にも窃盗に加担していた容疑が報道されています。同姓同名の上、年齢も合致している為、完全に同一人物と思われます。

 

2014年7月8日、三重県警が三重県伊賀市の解体工場(ヤード)の倉庫を家宅捜索し、ブラジル人が盗んだ盗難車と知りながら、三重県伊賀市内の倉庫に保管したとしてレバノン人の男を逮捕。

三重県伊賀市内の倉庫からは多数の機械類が見つかり、盗難車の解体に使用していた疑いがあるとみて調査した。

逮捕されたのは ブラジル国籍の無職、住所不定H被告(27)、レバノン国籍の自称輸出業、三重県伊賀市真泥、A容疑者(36)。

H被告は容疑を認め、A容疑者は「乗用車はオークションで買ったと聞いていた」と容疑を否認。

2014年3月25日~3月26日、H被告は他の男と共謀し、岐阜県美濃加茂市のマンション駐車場からインプレッサ(100万円相当)を盗んだ。

2014年3月26日、A容疑者はH被告から依頼され、盗難車と知りながら三重県伊賀市のヤードに保管。

H被告は愛知、岐阜など東海3県でスポーツタイプを中心に車数十台を盗んだグループの一員とみて調べる。

盗まれた車は三重県伊賀市内の解体工場(ヤード)で解体され、部品が海外に不正輸出されたと見ている。

 

 

【自動車泥棒の手口】

 

上記の事件の様に、ハイエーズやランドクルーザー、プリウスなど海外で需要が高い車両を中心に、プロの窃盗グループが繰り返し盗みを働き、違法ヤードで解体し不正輸出されていく、という手口が完全に定番になってしまっています。

 

日本人が盗みを働き、盗んだ車を外国人が経営する違法ヤードで買取るというパターンも多いのですが、今回の事件の様に、解体ヤードを所持している窃盗グループが盗みを働くことも多々あります。

 

窃盗グループが活動をすると近辺で数か月で数十台の車両が盗まれるなど、非常に大きな被害が発生します。ここのところ全国各地で窃盗グループの逮捕が相次いでおりますが、逮捕されても自動車窃盗の数の減少は体感できず、また、次から次に逮捕されるのを見る限りでは、まだまだ相当数の窃盗団の活動があることが予測できます。

 

また、今回逮捕されたA容疑者は、2014年にも窃盗に加担していた疑いで逮捕されており、その後実刑を受けたかどうかは分かりません。

 

そのことからも、窃盗団はメンバーの誰かが逮捕されても残ったメンバーで活動を続けることや、出所してから再度自動車盗難に手を染めている可能性があり、いくら窃盗団を逮捕しても自動車盗難がなくならない理由が見えたような気がします。

 

報道では押収したナンバープレートが公開されており、そのプレートには、三重、野田、名古屋、新潟の4種が混ざっており、どれも輸出港がある県であることが気になります。

 

屋外セキュリティシステム

 

 

【自動車盗難対策】

 

自動車泥棒はかなりのハイペースで泥棒を繰り返し、大きな利益を得ようとします。

 

そのためリスクがある物件は極力避ける習性があり、セキュリティの甘い場所を優先的に狙う傾向があります。

 

現在の自動車泥棒は、イモビライザーを十秒程度で解除できるため、車両自体への盗難対策だけでは非常に危険です。

 

防犯の基本は「狙わせない・入らせない」ことで、できるだけ車から遠いところで泥棒を追い払う必要があります。

 

屋外目立つ場所に防犯カメラを設置し犯行を抑止し、敷地に侵入警報設備を設置することで、泥棒が侵入しようとした瞬間に検知・威嚇撃退できます。

 

 

駐車場の導入事例はコチラ

駐車場の防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

セキュリティシステムはこちら 防犯カメラ・監視カメラはこちら