高速ネットワークカメラシステム

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯カメラ・防犯情報
資材・金属盗難/防犯カメラ・防犯情報
屋外での犯罪/防犯カメラ・防犯情報
侵入窃盗/防犯カメラ・防犯情報
万引き・内部不正/防犯カメラ・防犯情報
強盗事件/防犯カメラ・防犯情報
集合住宅の防犯/防犯カメラ・防犯情報
防犯機器について/防犯カメラ・防犯情報
防犯コラム/防犯カメラ・防犯情報
防犯情報一覧

防犯設備特集

防犯カメラ設置工事へのこだわり
監視カメラの活用法
防犯システム特集
屋外用防犯カメラ特集
防犯カメラの選び方
録画装置特集

日本防犯設備 広報部

取材受付 映画・ドラマへの機器貸出

防犯情報ブログ(最新の防犯ニュース、防犯カメラ・監視カメラの情報)

仮睡盗の手口|防犯カメラの日本防犯設備

2014.07.10 木曜日

2014年7月5日、福岡県警博多署は、同市の無職男(36)を窃盗容疑で逮捕し、男も容疑を認めている。

 

逮捕容疑は、4月6日午前3時16分頃、同市の自宅マンションエントランスで、酔払って寝ていた会社役員の男性(32)から現金約11万円などが入ったバッグを盗んだとしている。

 

男性は目が覚めてバッグが盗まれたことに気づき、マンションの防犯カメラの録画映像を見て容疑者の顔を確認。

 

3ヶ月後の7月5日、同市の路上で偶然容疑者を発見し、声を掛け捕まえ、携帯電話で警察に110番。駆けつけた警察が容疑者を取り押さえた。

 

上記の事件のように防犯カメラの映像に犯人が映っていたために逮捕に結びつく、というケースが増えています。

 

特に今回の手口は「仮睡盗」というスリの手口で、再犯性の高いものなので、容疑者が逮捕されたことで、被害者がこれ以上増えずにすみました。

 

「仮睡盗」はそれ専門のスリやグループもあり、深夜・早朝の繁華街、駅付近、駅構内、電車内などを主な活動範囲にしています。

 

酔いつぶれて寝ている人に、介抱するふりをして近づき、財布やバッグを盗んでいきます。

 

周囲に怪しまれにくかったり、目撃されても言い訳ができたり、ターゲットが比較的絞りやすいため、多発している犯罪でもあります。

 

スリ

 

電車内にも防犯カメラがついて、犯罪者が活動しにくい環境が整うことを切実に願います。

 

駅のホームに防犯カメラが付いていることと等しく、プライバシーの問題は議論になりませんし、何よりも電車内の治安は、路上よりも遙かに悪化しています。

 

 

アパート・マンションの導入事例はコチラ

アパート・マンションの防犯カメラ・監視カメラ設置事例

 

【関連する防犯情報】

 ブログトップへ