防犯カメラ・監視カメラはこちら

防犯カメラ・監視カメラ

高画質・長時間録画の防犯カメラ
PC・スマートフォン・タブレットでの遠隔監視のページです。

セキュリティシステムはこちら

セキュリティシステム

侵入者をセンサーで検知、音と光で威嚇撃退するセキュリティシステムのページです。

設置レポート・口コミ

ジャンル別に設置レポートを分類しました。

駐車場の防犯カメラ設置事例
資材置き場の防犯カメラ設置事例
倉庫・工場の防犯カメラ設置事例
事務所・オフィスの防犯カメラ設置事例
教育施設の防犯カメラ設置事例
アパート・マンションの防犯カメラ設置事例
医療施設の防犯カメラ設置事例
店舗の防犯カメラ設置事例
福祉施設の防犯カメラ設置事例
レポート一覧

防犯情報・事件簿

ジャンル別に防犯情報・事件簿を分類しました。

車両・重機の盗難/防犯情報
資材・金属盗難/防犯情報
屋外での犯罪/防犯情報
侵入窃盗/防犯情報
万引き・内部不正/防犯情報
強盗事件/防犯情報
集合住宅の防犯/防犯情報
防犯機器について/防犯情報
防犯コラム/防犯情報
防犯情報一覧

トップページ > 防犯機器について|防犯情報・事件簿

防犯機器について

遠隔監視用のブラウザーとアプリ(防犯カメラ)

2016.10.28 金曜日

【防犯カメラでの遠隔監視】 近年、急速に防犯カメラでの遠隔監視が普及が進んでおり、店舗やオフィス、駐車場など複数の事業所を運用しているケースで遠隔監視が特に活躍しているようです。 その利用方法としては、防犯カメラの映像を本社のPCや、移動中にスマートフォンやタブレットで閲覧し、現地での従業員の勤務態度や来客状況、店舗の陳列状態などをチェックし、多拠点の運営を効率化する、といったものがほとんどです。…

続きはこちら

防犯カメラ・監視カメラのアプリについて

2016.06.16 木曜日

【防犯カメラ・監視カメラのアプリの特徴】 防犯カメラ・監視カメラは、本来的には「録画しておく」ことが本領でした。 しかし、ネットワークカメラの登場や、それに影響された防犯カメラ・監視カメラの技術進歩で、カメラは今や、「いつでも、どこからでも、PCでもスマホでもタブレットでも」見れるようになりました。 それに伴い、PCやスマートフォンで遠隔監視をするためのアプリが多数登場し、手軽に便利に遠隔監視ができるようになりました。 アプリには様々な機能を持つものがあり、業務効率改善にも効果的になってきています。…

続きはこちら

録画機能(防犯カメラ)

2016.05.13 金曜日

【防犯カメラの録画機能概要】 現在、ありとあらゆる所で防犯カメラの設置が急速に進んでいるが、大半の防犯カメラシステムには録画機能がついている。 防犯カメラそのものには撮影機能は有っても、その映像を長時間記録する機能はなく、そのため別途専用の録画装置をつけることで、映像を長時間記録する。 録画装置の主たる役割は、カメラの映像を長期間記録し、何かあった時に数週間もしくは数カ月遡って、過去の映像を再生できることにある。…

続きはこちら

ネットワークカメラ(IPカメラ)の集中管理システム

2016.05.12 木曜日

【ネットワークカメラの現状】 昨今、店舗や事務所などでネットワークカメラ(IPカメラ)システムの需要が伸びている。 その需要は単に防犯の為、というものではなく、ネットワークカメラの映像を利用して遠隔地にある拠点のマネージメントを行うことにむしろ重点が置かれている。 マネージメントの方法としては、従業員の勤務態度を監視したり、店舗の来客状況の確認、レイアウトや整理整頓の確認…

続きはこちら

設置工事の内容や取付に使用する材料

2016.05.11 水曜日

【配線・配管工事】 防犯カメラは必ず有線での配線が必要で、これは無線式・Wi-Fi式の物でも実際は配線が必要となる。(電源は導線がないと送れないため) そのため、カメラ設置位置から電源の位置もしくは録画装置やモニターの位置まではケーブルが這うことになるが、そのケーブルが露出していると、防犯上・管理上様々な問題が出るため、配管・隠蔽の工事が必要となる。…

続きはこちら

AHD243万画素 耐衝撃・赤外線ドームカメラ【 JSS-501VP-F 】

2016.04.25 月曜日

【JSS-501VP-F概要】 画像は昨年冬に発売した、243万画素のワンケーブル耐衝撃・赤外線ドームカメラJSS-501VP-Fで、発売以来、倉庫やマンションエントランス、事務所やビルの軒先などで、その高い映像品質と抜群の安定性を示している。 この製品は、国内大手メーカーのT社がOEM依頼している工場で製造した、弊社オリジナルのOEM製品となり、弊社が積み上げてきた各種設置現場での経験をもとに…

続きはこちら

多店舗用遠隔監視カメラシステム導入について

2016.04.07 木曜日

【多店舗チェーン店での防犯カメラ需要】 ここのところ、多店舗チェーン店様からの監視カメラシステム設置依頼が非常に多い。 特に、全国のショッピングモールへ出店している、飲食店様や小売店様(特にアパレル関連)からの依頼が多く、多拠点展開での心配事や悩み事には、割と共通しているところがあり、その解決方法として監視カメラシステムがぴったり当てはまることが多い。 多拠点展開している方は、20店舗、50店舗という規模のところも多く、1年間に複数店舗を新規オープンさせることも多い。…

続きはこちら

設置工事について(防犯カメラの配線)

2016.03.08 火曜日

防犯カメラの設置について、注意すべきことをいくつか挙げたい。 例えば、新たに店舗や事業所をオープンするときにカメラを設置する、という場合、その事業所がオープンしてから設置するのと、オープン前に設置するのでは、防犯カメラ設置までの流れが全く異なる。 オープン後に設置工事をする場合、どうしても天井や壁に穴をあける必要があり、また一部配線は壁面に露出してしまう。 …

続きはこちら

AHD243万画素 屋外赤外線カメラ JSS-650VP-F

2016.03.02 水曜日

写真は昨年冬に発売した、243万画素のワンケーブル屋外赤外線カメラ JSS650VP-F で、発売以来、駐車場や資材置き場、事務所や工場、倉庫の敷地入り口などで、その高い映像品質と抜群の安定性を示している。 発売以来の出荷ベースでの初期不良率は0.1%未満で、国内大手家電メーカーの初期不良率よりはるかに安定した数値が出ている。…

続きはこちら

遠隔監視機能付き防犯カメラ導入の注意点

2016.02.17 水曜日

近年防犯カメラの遠隔監視機能が注目され、遠隔監視を利用する方が増えている。 その中で、ネットワークセキュリティをしっかりされている企業様に導入することが多く、先方のネットワーク担当者様とお話することも多く、様々気づくこともある。 ネットワークセキュリティががっちり組まれた環境下での遠隔監視設定は、設定完了までに様々な課題を乗り越える必要があり、そのためにはネットワークに関するかなりの知識を必要とする。…

続きはこちら

遠隔監視機能について(防犯カメラ)

2016.02.05 金曜日

防犯カメラの遠隔監視の需要は年々高まってきており、様々な場所で様々な活用方法が産まれ、仕事や生活をより便利なものにしつつある。 ある店舗では、本部や幹部が各店舗を遠隔監視することで、人員の過不足、店舗のレイアウトの適合・不適合、来店客の行動パターン、接客マニュアルの浸透度合いなどを、実際の店舗に行かずに把握し、店舗運営の効率化に成功している。…

続きはこちら

古い防犯カメラの交換について

2016.01.21 木曜日

弊社によくお問い合わせ頂く内容に「ついている防犯カメラが相当古いので、新しいものに替えたい」という、既設防犯カメラの入れ替えのご相談がある。 大体6.7年前に他社から導入したシステムが、すでに作動しなくなっていたり、画質が不満だったり、現状は作動してはいるものの、老朽化している為、いつ壊れるかわからない状況なので、いっそのこと全入れ替えしたい、といった内容なのだが、「高画質にするにはIPカメラで、LANケーブルでないとダメ」といって高額な入れ替え見積が出て、困っている方も多い。…

続きはこちら

設置工事について(防犯カメラ)

2016.01.20 水曜日

防犯カメラの設置工事は、その用途が「犯罪を防ぐ」ためのもので、安定稼働を長期間する必要があるため、細心の注意を要する。 現在設置されている防犯カメラの配線などを見ると、「これでは配線が簡単に切られてしまう」と思ってしまう施工方法が以外に多い。 そこで、ここでは防犯カメラの設置に関する注意点を以下に述べたい。 防犯カメラの設置で注意すべきところは、…

続きはこちら

屋外の防犯カメラについて

2016.01.15 金曜日

刑法犯の内、最も多いものは窃盗犯であり、その中でも特に多い犯罪は、空き巣、車両窃盗、金属窃盗、車上荒らし、万引き、強盗などが挙げられる。 こういった犯行の抑止のために、屋外に防犯カメラを設置することが多いが、街中で見かける屋外用防犯カメラには「はて?」と思う機種選定がされていることも多く、おそらく目的を達成するのに十分な映像を得ることができていない事、想像に難くない。…

続きはこちら

映像品質について(防犯カメラ)

2016.01.14 木曜日

近年の防犯カメラの高画質化はめざましく、弊社でも130万画素、200万画素の出荷台数が2015年は急激に伸びております。 業界的な動きとしては、4Kテレビの普及に歩みを合わせて、400万画素の防犯カメラの一部メーカーで生産され始めましたが、コストの問題や、現状そこまでの画素数にしなくとも必要十分な要件を満たすことができること、設置現場に4Kテレビをわざわざおかない事などが原因で、一般的に普及しだすのはまだまだ先になりそうです。 …

続きはこちら

求められる性能(防犯カメラ)

2016.01.13 水曜日

現在の防犯カメラは以前に比べると画質が飛躍的に上がっており、選ぶ際にも「画質のいいものを」という視点で選択することが多くなってきている。 もちろん防犯カメラは画質が良ければ良いに越したことはないのだが、もし画質が同等だった場合、他にチェックすべき項目はなにか?といったことも非常に重要となる。 そこで、画質(解像度)以外で防犯カメラの重要な機能を説明していきたい。…

続きはこちら

高性能低コスト録画装置の開発

2015.12.15 火曜日

画像は2015年2月に発売した、AHD録画装置「JSS3004」という機種で、発売以来すでに500台以上の出荷が完了し、低コストにも関わらず高い性能と安定性を発揮している。 出荷台数ベースの初期不良率は0.4%と、国内大手メーカーの高性能機器の初期不良率を遙かに凌ぐ優秀な数値で高い安定性を発揮し続けている。 この製品は、弊社防犯設備士の長年の現場経験や、お客様の声をもとに不要な機能を削り、特に重要な機能に重点を置いたOEM製品で、その製造は液晶TVで有名なT社の防犯機器OEMを手掛けているメーカーが行っている。…

続きはこちら

信頼性の高い高画質屋内ドームカメラ

2015.11.05 木曜日

画像は本年発売した、アナログHD130万画素 高画質屋内ドームカメラ「JSS401」という防犯カメラで、この機種が屋内の環境において大変好評をいただいている。 このカメラは、メーカーが発売していた既製品カメラをベースに、特定の環境下での使用を想定して、現場に必要な機能を追加し不必要な機能を削った、弊社特注品のOEM製品になる。 想定した使用環境は①店舗(小売店・飲食店など)②マンションの屋内③オフィスの3つを特に想定しており、実際にそういった環境に約1年間設置し続け、抜群の安定性と、現場にマッチした高品位の映像が実証出来た。…

続きはこちら

録画について(防犯カメラ)

2015.10.08 木曜日

防犯カメラの録画機能について、現状を詳しく解説したい。 【録画期間】 通常、防犯カメラは専用の録画装置に接続し、ハードディスクに録画していく。録画期間の長短は、ハードディスクの容量・画質・動きの滑らかさ・圧縮方式で決まる。 ハードディスクの容量が大きければ大きい程録画時間は長くなり、容量と録画時間は正比例の関係になる。…

続きはこちら

隠しカメラについて

2015.10.06 火曜日

近年いわゆる「隠しカメラ」の需要が高まっている。 お客様のご要望は、煙探知機型や超小型カメラで監視カメラの設置を悟られずに撮影する、というところで共通しており、カメラを隠蔽することで不正行為の証拠撮影に非常に有効になる。 ある事務所では、従業員にカメラの設置がわかってしまうと、「監視されている、疑われている」などの負のイメージができてしまい、士気にかかわるので、カメラは隠蔽したいというご要望があった。…

続きはこちら

無線式防犯カメラのメリット・デメリット

2015.09.28 月曜日

一般的に防犯カメラは有線で主装置(録画装置ないしはルーター)に接続することになる。 ただし、防犯カメラ設置の際、配線が困難な場所だから、美観を損ねたくないから、といった理由から無線化したいという需要は非常に多い。 配線せずに防犯カメラシステムを利用できるならそれに越したことはなく、利用する側にも施工する側にも理想的であるが…

続きはこちら

屋外用の防犯カメラについて

2015.09.24 木曜日

防犯カメラの犯行抑止効果を最大限に活かすために、屋外に設置することも多い。 需要は様々で、一般家庭の玄関先や、ビルやマンション・アパートの入口、駐車場、資材置き場、商店街などで屋外用防犯カメラは活躍している。 屋外用の防犯カメラは環境や目的に応じて慎重に機種を選定しないと、期待していた効果を発揮できず、せっかくかけたコストが無駄になってしまうことがあるので…

続きはこちら

録画機能について/防犯カメラ

2015.09.18 金曜日

防犯カメラシステムの中で、最も重要なものは録画機能である(設置目的が防犯の場合)。それに準じてモニターでのライブ監視や、遠隔地PCやスマートフォンでの遠隔監視といったものが重視される。 録画は防犯カメラから有線で録画装置に映像が送られ、映像データが保存されていくのだが、この録画装置の性能が、防犯カメラシステムのレベルを決めることになる。…

続きはこちら

高画質化について(防犯カメラ)

2015.09.14 月曜日

ここ数年、防犯カメラの画質向上がめざましく、高画質なカメラが一般に普及し始めている。 従来の防犯カメラの画質は、40万画素程度のものが大部分で、たとえるなら「ハイビジョン放送が始まる前のアナログ放送の画質」といったものだった。 このアナログ画質の防犯カメラは、90度ほどの画角でもって、広い範囲を見渡す用途にはさほど問題がない(設置目的の「全体の把握」はできる)のだが、…

続きはこちら

【防犯カメラ 録画】録画装置の動体検知録画について

2015.04.09 木曜日

防犯カメラの録画装置はカメラ映像を長時間高画質録画することが可能です(1ヶ月半以上、容量や設定次第で半年・1年も可能)。 その一方で、利用している方からは「長々と再生して、事件があったピンポイントの映像を探すことが面倒だ」という声も昔から多く、現在の録画装置は再生が非常に簡単になっています。 弊社の録画装置は、カレンダーで日付を選び、24時間制の横棒グラフから、…

続きはこちら

【防犯カメラ・機能】夜間の暗視について

2015.03.17 火曜日

防犯カメラの設置意義は、「日中、人の出入りを監視する」「夜間、無人の場所の監視をする」といったものがありますが、犯罪が特に起こりやすいのは、圧倒的に夜間が多く、しかも照明の乏しいところの方が犯罪が起こる可能性は圧倒的に高くなります。 つまり、防犯カメラの価値は、夜間どれほど鮮明に撮影ができるのか、というところが非常に重要になってきます。 現在の防犯カメラは昔に比べると画質が非常に良くなっている為…

続きはこちら

【防犯カメラ】高画質防犯カメラの選定について

2015.02.23 月曜日

家庭のテレビの画質がアナログ放送から地デジ200万画素にとって代わって以来、防犯カメラの世界も高画質化が急激に進んでいます。 高画質防犯カメラは現状「ネットワークカメラ」「HD-SDIカメラ」の2種類が実用化されており、それぞれにメリット・デメリットがあります。 ネットワークカメラはLANケーブルでの接続となるため、大規模施設であってもカメラ設置場所の近くのLANポートにケーブルをつなぐことで…

続きはこちら

隠しカメラの設置について

2015.01.08 木曜日

隠しカメラというと、盗撮などの不正な用途に使うもの、というイメージがありますが、そのような用途ではなく、犯罪を防ぐためや、経営の効率化のために設置するケースも増えています。 どのような目的・用途で導入を検討するかといえば、たとえば「監視カメラを設置して、いつも見ていることを従業員に知られたくない(従業員の気分を害する恐れがあるため)のでカメラだと分からないような形のものを設置したい…

続きはこちら

ネットワークカメラと防犯カメラ|防犯カメラの日本防犯設備

2015.01.06 火曜日

近年、ネットワークカメラ(IPカメラ)の普及が急速に進み、弊社でも「ネットワークカメラをつけたい」というお問い合わせを多くいただいています。 ネットワークカメラは「インターネット越しにPCで現地カメラ映像を遠隔監視できるカメラ」と認識されてきていますが、詳細な特徴はまだ世の中全般には広まっておらず、「通常の防犯カメラと何が違うの?」という声もまだまだ多く耳にします。 通常の防犯カメラは、防犯カメラを専用の録画装置につなぎ…

続きはこちら

機器の種類や選び方|防犯カメラの日本防犯設備

2014.07.08 火曜日

防犯カメラの種類や機能は、この数年間で格段に増え、以前よりも様々な環境で、様々な活用方法ができるようになりました。 その一方で、防犯カメラを購入する側も、どのカメラを選べばいいのかわからない状況になっていますし、販売する側も、不十分な知識で、あまり意味のないカメラ選択をするケースも増えているように感じます。 以下にカメラ選びのポイントを簡単にまとめます…

続きはこちら

遠隔監視について|防犯カメラの日本防犯設備

2014.07.01 火曜日

防犯カメラ導入の目的は、以前は録画することが主たるものでしたが、現在急速に増えているのが「遠隔監視」です。 遠隔監視は防犯が目的、というよりは撮影対象の管理の色合いが濃く、以前はネットワークカメラを現地につけて、遠隔地のPCから映像を確認する、カメラを操作する、といった使い方がほとんどでした…

続きはこちら

システムの性能と現状|防犯カメラの日本防犯設備

2014.06.30 月曜日

防犯カメラシステムは通常、カメラ・録画装置・モニターの3つで構成されており、十分に性能を発揮するためには、この3つの組み合わせ方を考えなければいけません。 例えば、現在200万画素のHD-SDIカメラ(ハイビジョンカメラ・メガピクセルカメラ)を設置した場合、録画装置には200万画素のハイビジョン映像が配信されますが、モニターの表示画素数が低いと本来のきれいな映像を見ることができません…

続きはこちら

工場でのネットワークカメラ活用方法|防犯カメラの日本防犯設備

2014.06.10 火曜日

現在工場での防犯カメラ設置はフードディフェンスの観点からも必須と言っていい状況になっております。 工場内で食品に異物混入がなされぬよう、防犯カメラで警戒することと、工場内で異物混入がなかったことの映像証明のために防犯カメラを設置するケースが増えています。 工場では、材料の搬入業者や機器メーカー、人材派遣会社から派遣されてきた多数のアルバイトの方たち…

続きはこちら

防犯カメラの録画装置(DVR)について|防犯カメラの日本防犯設備

2014.03.20 木曜日

防犯カメラシステムはカメラだけ設置しても意味がありません。 カメラ映像を常時録画し、長期間保存することで、「肉眼で見ていなかった場所・時間」の確認ができるようになります。 防犯カメラの大量の映像データを常時録画し続けるため、通常のビデオデッキではなく防犯カメラ専用の録画装置(DVR)を設置します…

続きはこちら

機器の選定(設置場所との関連)|防犯カメラの日本防犯設備

2014.03.14 金曜日

防犯カメラと一口に言ってもその形状や機能は数多くあり、どういう場所にどのようなカメラを選べばいいのか、という選択は簡単ではありません。 また、その環境や使い方に最も適したカメラを選ばないと十分な効果を得ることができません。 弊社では毎週木曜日に防犯設備士全員と技術スタッフ全員が、実際に機器を手にとっての勉強会を開いて、最新の機器の研究やラインナップの更新を行っています…

続きはこちら

夜間の映像について|防犯カメラの日本防犯設備

2014.03.13 木曜日

防犯カメラの役割は、管理者の見ていない場所・時間を撮影・録画することです。 特に犯罪を防ぐ目的の時は、夜間暗くなった後の映像が非常に重要となります。 夜間撮影をするためには①高感度タイプ②赤外線照射タイプの2種類があり、設置環境に合わせて選ぶ必要があります。 ①の高感度タイプの場合は、わずかな光をカメラの機能で増幅し、薄暗い場所でも明るく鮮明に撮影できます…

続きはこちら

マンションの防犯カメラの高画質化|防犯カメラの日本防犯設備

2014.02.04 火曜日

マンションを取り巻く犯罪情勢は厳しく、空巣被害やストーカー行為など、その防犯対策の重要性は極めて高くなっています。 神奈川県警のホームページでも「マンション・アパートの管理者・オーナーさんへのお願い」というページが設けられており、その中で以下のように述べられています。 ・空巣などの侵入犯罪の被害に遭いやすい(特に一人暮らしが狙われやすい)  →戸締りの徹底・ドアや窓ガラスの強化  →留守や一人暮らしを悟られないように郵便受けに郵便物を溜めない  →視認性の確保(庭やベランダに侵入者が身を隠せるようなものを置かない)  →防犯設備の充実(防犯カメラの設置) …

続きはこちら

駐車場でのメガピクセルカメラ活用|防犯カメラの日本防犯設備

2014.01.31 金曜日

駐車場と一口にいっても、月極め駐車場・運送会社のヤード・事務所付属の駐車場、とさまざまな種類がありますが、どのお客さまも車両盗難・いたずらを気にしている点では一致しています。 警察庁発表の「平成24年の犯罪情勢」の統計によると、駐車場での車両盗難は21070件、うち検挙されたものは35.9%、キーが差し込まれていた、もしくは近くにあったものが26%、被害額200万円未満が17.2%と出ています。 しっかり施錠していても200万円以上の被害に遭うことがきわめて多く…

続きはこちら

アパートでのメガピクセルカメラ設置の効果

2014.01.29 水曜日

防犯カメラの映像は飛躍的な進化を遂げ、現在200万画素の高解像度メガピクセルカメラが実用化されています。 アパートなどの集合住宅・賃貸住宅での防犯カメラの需要は多く、41万画素のアナログカメラを利用しているオーナー様が多数いらっしゃいます。 従来のアナログカメラの防犯効果は決して低くなく、カメラ設置の抑止効果で犯罪に合う確率が極端に下がりますし、スマートフォンやPCで24時間いつでもどこでもカメラ映像が確認できるので便利です。…

続きはこちら

HD-SDI メガピクセルカメラ|防犯カメラの日本防犯設備

2014.01.23 木曜日

メガピクセルカメラ(HD-SDIカメラ)が実用化され、今までよりも圧倒的高画質で防犯カメラシステムを構築できるようになりました。 従来の防犯カメラが41万画素相当の画質にとどまるのに対し、メガピクセルカメラはその名の通り100万画素以上の画素数での撮影が可能です。 現在実用化されている物は、液晶TVの最大画素数と等しい200万画素のカメラとなります。 メガピクセルカメラのメリットはアナログカメラでは描写しきれなかった対象物の詳細(離れた場所の人物の人相、レジの金種)までもはっきりと鮮明に映すことができることです…

続きはこちら

事務所の最新防犯カメラ|防犯カメラの日本防犯設備

2014.01.21 火曜日

事務所での防犯カメラ設置の目的は、事務所荒らしの防止や、女性だけになってしまう時間帯の犯行抑止、個人情報保護や商品在庫の管理の観点から、書庫や倉庫入口での映像録画、各営業所に設置した防犯カメラの遠隔監視機能をつかって本社からマネージメント、といったものがあります。 その際に使用していた防犯カメラは41万画素のアナログカメラと言われるもので、ハイビジョン放送になる前のテレビの映像と同じ画質でした…

続きはこちら

工場で必要な防犯カメラシステムの条件|防犯カメラの日本防犯設備

2014.01.17 金曜日

以前から、いたずら防止・機器盗難防止・製造ラインの監視、といった目的で、防犯カメラを導入する工場は多かったのですが、昨年末の冷凍食品への農薬混入問題以降、急速に防犯カメラ・防犯システムの需要が高まっています。 農薬や毒物混入を防ぐ、もしくは工場での責任問題がないことを証明するためには、防犯カメラの解像度を従来より高解像度にする必要があります。 従来のカメラは、レンズから比較的近いもの…

続きはこちら

介護福祉施設での防犯システム|防犯カメラの日本防犯設備

2014.01.15 水曜日

介護福祉施設での防犯カメラ・防犯システム導入が急増しています。 以前から介護福祉施設での需要が高まってきていることは弊社でも感じてきてはいたのですが、昨年11月の千葉県袖ケ浦市の出来事や、6月の大分県別府市での出来事を受け、全国の施設で虐待の防止策を急進させる動きが出てきています。 現在施設での防犯カメラ利用方法としては、防犯カメラを施設内各所に設置し、事務室でカメラ映像をモニタリング・24時間録画することで…

続きはこちら

遠隔監視による店舗のマネジメント|防犯カメラの日本防犯設備

2013.12.02 月曜日

従来、犯罪を防ぐためのカメラシステムを、店舗のマネージメントに活用したいという内容が一番多くなっています。 店舗経営者様の悩み事としては ・アルバイトスタッフによるレジでの不正 ・勤務態度(接客態度は適正か、マニュアルは守られているか) ・多店舗展開している為、今いる店舗以外の状況が見えない といったものが多く、自分がその場にいれば問題は何もないのに…

続きはこちら

画像送信器|防犯カメラの日本防犯設備

2013.08.20 火曜日

画像送信器AVT1100はネットワークシステムを利用した、セキュリティコントローラになります。 このコントローラに防犯カメラを繋げることにより、スマートフォンから現地の映像を確認することができます。 防犯カメラを最大で4台まで設置が可能になります。 各カメラに集音マイクを取り付ければ、現地の音声を聞くことも可能です。 リアルタイムの映像はもちろんの事、過去の映像の確認もできます…

続きはこちら

メガピクセルカメラ|防犯カメラの日本防犯設備

2013.06.10 月曜日

多摩地区(八王子市・立川市・府中市・調布市・多摩市・町田市・武蔵野市等)でも 店舗等(コンビニ・質屋・貴金属・宝石店・飲食店・雑貨・病院・施設・事務所)を中心に防犯カメラの設置は増えています。 現在は捜査するにあたって、防犯カメラなしでは成立しないと言っていいほど、重要になっています。 警察が管理する街頭防犯カメラは全国に791台あります…

続きはこちら